白目をきれいに
2017年09月09日 (土) | Edit |
日本酒名の入った琺瑯看板。

趣味で集めていたり骨董屋にあったりしますが、それ以外の看板やビニルテントは保存されていないように思います。

建物がなくなると、その存在も消える。

そんな儚い看板類を集めた記事。

第十三弾です。





千代の笹@島根県邑智郡川本町

千代の笹 看板

島根県の酒蔵巡りの最中に見つけた看板。

「千代の笹」という文字に見覚えがあったので、とりあえず写真に収めておきました。

帰宅して調べてみると、賀茂泉酒造備後支店(備後酒造)の銘柄だったことが判明。

広島県境から離れた島根の山間部でなぜ?という疑問は残るものの、大ファインプレーにニンマリとしております(笑






上久保豊酒造場@安芸太田町加計町

旭鶴 看板

加計町に看板があるとの情報をキャッチし、撮影に行ってきました。

何という物好きなんでしょうか(笑

看板を見ると、可部で旭鶴という酒を造っていたことが分かります。

蔵の跡地にはレオパレスが建っており、小さな立て札に「旭鶴 上久保酒造地跡」と記載が。

いつ頃の創廃業で、どんな酒だったのか、ご存知の方がいらっしゃればお教えください。





その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。









2017年04月29日 (土) | Edit |
日本酒名の入った琺瑯看板。

趣味で集めていたり骨董品屋にあったりしますが、それ以外の看板やビニルテントは保存されていないように思います。

建物がなくなると、その存在も消える。

そんな儚い看板類を集めた記事。

第十一弾です。





満潮@呉市本通

満潮 看板

呉市中心部にあるジンギスカンの名店「関白」にその名を見つけたので、撮影。満潮は呉市中央にあった佐藤酒造のお酒で創業は昭和37年と比較的新しい蔵でした。グーグルマップで所在地を確認すると、最近廃業した大内山酒造の向かい側にあったみたい。満潮は、とっくりや灰皿では見たことがありますが、お酒自体には出会ったことはありません。





千恵盛@呉市本通

千恵盛 看板

「関白」の少し先にある「自由軒」にて撮影。千恵盛は呉市警固屋にあった水野商店のお酒で、すぐ近くには白天龍酒造場があります。創業・廃業の時期など、詳しいことは分かりませんが江戸時代末期創業という情報もあり。ちなみに、すぐ近くには水野醤油醸造場というのがありますし、白天龍酒造場の蔵元も水野さんというそうです。たまたま水野姓が多いんでしょうかね。





良い看板に出会えたら記事をアップいたしますので、しばしお待ちください。





その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。







2017年02月11日 (土) | Edit |
日本酒名の入った琺瑯看板。

趣味で集めていたり骨董屋にあったりしますが、それ以外の看板やビニルテントは保存されていないように思います。

建物がなくなると、その存在も消える。

そんな儚い看板類を集めた記事。

第九弾です。





大号令@中区小網町

大号令 看板

大号令は、熊野町の馬上酒造場が造っているお酒でして、今も醸造をされています。広島市内で大号令を飲める店や扱っている酒販店は少なく、僕はこれを飲むために蔵まで行ったぐらい。看板を見たのも初めてでして、ある方の情報により、その存在を知ることができました。ありがとうございました!





竹鶴@草津東

竹鶴看板

営業していない食堂のテント屋根に竹鶴の文字を見つけたものですから、思わず写真を撮ってしまいました。竹原の蔵だと、誠鏡は千田町や流川方面で見かけましたが、竹鶴の看板って今まで見た事がなく、そういえば龍勢も広島市内では見ないですね。見つけた方は教えてください~



また、いい看板に出会ったら、アップいたします。



その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。






2016年12月20日 (火) | Edit |
日本酒名の入った琺瑯看板。

趣味で集めていたり骨董屋にあったりしますが、それ以外の看板やビニルテントは保存されてないように思います。

建物がなくなると、その存在も消える。

そんな儚い看板類を集めた記事。

第七弾です。





金泉@東広島市安芸津町

金泉 看板

安芸津の藤三を過ぎてすぐ見つけた看板。3つの蔵が併記されてるのが面白いかなと。金泉は安芸津にあった堀本酒造のお酒でしたが、廃業される際、相原酒造が引き継いだと認識しています。もちろん今も造っていますが、この看板は安芸津時代の金泉ということなんでしょう。





三谷春@光町

三谷春 看板

三谷春は倉橋の室尾のお酒でして、年に一度位ですが蔵まで行ってお酒買ってます。この度、新たに杜氏を向かい入れたそうでして、これは造り続ける気満々ということで良いのでしょうか。なお、広島市内に看板があるのは珍しいので、撮影してみました。





いい看板に出会えたら、またアップしますね。





その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。










2016年12月11日 (日) | Edit |
日本酒名の入った琺瑯看板。

趣味で集めていたり骨董屋にあったりしますが、それ以外の看板やビニルテントは保存されてないように思います。

建物がなくなると、その存在も消える。

そんな儚い看板類を集めた記事。

第六弾です。





峰仙人@宇品

峰仙人 看板

庄原市にあった蔵で、廃業は平成20年だと思う。この酒屋にピンと来て入ってみると、冷蔵庫の中に佇む峰仙人を発見。流石に興奮しました。友人もこの店で峰仙人を買っていて、ここにピンと来たのは流石だと思うなぁ。





旭菊水@海老山町

旭菊水 看板

旭菊水は三原の蔵で、平成14年の芸予地震が原因で廃業されたと聞いています。この看板、広島市内では初めて見ました!かなりレアじゃないかな?賀茂鶴などの酒王ってのはよく見かけるけど、酒宝とはこれまた珍しい。





いい看板に出会えたら、またアップしますね。





その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。