白目をきれいに
2017年11月21日 (火) | Edit |
このお酒は、妻が親戚からもらったらしく。

浜娘 瓶

どこのお酒かなとラベルを見ると、何と!岩手県の赤武酒造ではありませんか~

浜娘 ラベル



広島だと、こちらの銘柄で知られていますよね。

赤武 純米 ラベル

以前飲んだ赤武は、蔵の所在地が岩手県大槌町。

浜娘は、同じ岩手県でも盛岡市。

ちょっと調べてみると、震災・津波による蔵の流出、大槌町の桜顔酒造の設備を借りた酒造り(このときが大槌町)、これらを経て盛岡市で自前の蔵を復活させたんだそうです。



さてさて、どんな感じなんでしょうか。

燗酒コンテスト金賞とあるのに、しっかりと冷やしてからの開栓となりました(笑

浜娘 シール



コクを感じる香り。酸もありそう。

どことなく、赤武の香りにも似ているような気も。

含むと穀物感があり、強めの甘さとキュン系の酸味。

全体的には、ちょっと野暮ったい感じを受けます。

室温に近づくと辛さが出てきますが、後からの甘さは健在。

「これは温めて飲んだほうが良いよね」と思いながらも、常温になる前に空にしてしまいました(苦笑



浜娘とあわせたのは、鶏わさ。ささみは癖がないので何にでも合いますね。

浜娘 鳥わさ



筋を引いて薄皮を取ったささみを一口大に切り、沸騰したお湯に20秒ほど入れておきます。

※火の通す時間はお好み&自己責任で。

お湯から引き上げたら水で粗熱をとり、冷蔵庫へ。

しっかりと冷えたら、塩とワサビと併せて、シソをあしらってみました。

ワサビはちょっと多いかなぐらいのほうが美味しくできると思いますよ。

(2017.9)


■本酒のデータ
醸造元:赤武酒造復活蔵(岩手県盛岡市)
精米歩合:60%
アルコール度数:15度
使用米:不明
価格:不明
評価:★★


その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。







2017年09月30日 (土) | Edit |
■今月のお酒
百十郎 純米吟醸 Limited
山陽鶴 純米生原酒





今月は、百十郎と山陽鶴の2本。

心境の変化は全くないんですけど、ここ2ヶ月は日本酒量が少なめ。

ま、その内、6本という月もあるでしょう(笑

あまり気にしていませんが、まとめ記事と思うとボリューム不足なのかなと。

来月分からは、試験的に一本ずつの記事にして、酒の肴やレシピなども書いてみようと思っています。





(評価は、なし~★★★★★まで。個人の好みで評点を付けています)






百十郎 純米吟醸 Limited ★★
醸造元:林本店(岐阜県)

百十郎 瓶

ふらっと立ち寄ったフレスタ吉島店で百十郎を発見。

酒商山田が扱っているのは知っていましたけど、まさかフレスタが!

驚いたついでに購入しましたので、早速開栓してみましょう。



百十郎 ラベル

香りから感じられるのは、アルコール感と辛さ。

含むと甘さがベースに感じられ、軽い乳酸系の酸味とほんのりとした苦味も。

少し温度が上がるとコクのありそうな香りに変わり、乳酸のニュアンスと辛さが全面に出てきました。

初日の印象としては、穏やかな香りと中ほどで感じる乳酸系のニュアンスが特徴なのかなと。



開栓二日目。

最初に感じる辛さは増し、甘さとコクも後追いで。

乳酸のニュアンスは隠れてしまいましたが、初日よりも飲みやすさは増したように感じました。

この日の夕食は、ブリの刺身や鰹のたたきなど魚系が主体。

相性のよしあしは、特に感じられませんでしたが、いつものように美味しくいただきました。

百十郎 ラベル2





山陽鶴 純米生原酒 ★★
醸造元:山陽鶴酒造(東広島市)

山陽鶴 瓶

JALにも似たロゴ。

カタカタで書くと、少し間が抜けている「サンヨーツル」。

アイキャッチとしては最高でして、思わず買ってしまったではありませんか(笑



酒米は中生新千本。

これは、亀齢の辛口純米八拾辺りでも使われていて食用にも用いられています。

ラベルを読むと「とりあえずの一杯に飲んでいただきやすい」という酒質らしく、これは一昨年施行された、いわゆる「日本酒条例」を意識したものなんでしょうか。



どんな感じか楽しみに、冷蔵庫から出したてを開栓してみました。

山陽鶴 ラベル



米感とコクの有りそうな香り。奥にアルコール感が潜んでいそう。

含むと口当たりはとろんと。

甘さを帯びたコクのあるお酒で、喉の入口辺りでビリッとした辛さを感じます。

奥深くにはセメダイン的なフレーバーも。

飲み続けるにつれ辛さは増し、辛い辛いと言いながらも飲み干しましたとさ。



この日合わせたのは、ぼんじりを焼いたもの・生ハム巻きマグロの軽いソテー・バジルたっぷりのカプレーゼなど。

お酒自体が辛いので、トマトの酸味やフレッシュなバジルとの相性が良かったように感じました。

山陽鶴 ラベル2






その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。







2017年09月09日 (土) | Edit |
日本酒名の入った琺瑯看板。

趣味で集めていたり骨董屋にあったりしますが、それ以外の看板やビニルテントは保存されていないように思います。

建物がなくなると、その存在も消える。

そんな儚い看板類を集めた記事。

第十三弾です。





千代の笹@島根県邑智郡川本町

千代の笹 看板

島根県の酒蔵巡りの最中に見つけた看板。

「千代の笹」という文字に見覚えがあったので、とりあえず写真に収めておきました。

帰宅して調べてみると、賀茂泉酒造備後支店(備後酒造)の銘柄だったことが判明。

広島県境から離れた島根の山間部でなぜ?という疑問は残るものの、大ファインプレーにニンマリとしております(笑






上久保豊酒造場@安芸太田町加計町

旭鶴 看板

加計町に看板があるとの情報をキャッチし、撮影に行ってきました。

何という物好きなんでしょうか(笑

看板を見ると、可部で旭鶴という酒を造っていたことが分かります。

蔵の跡地にはレオパレスが建っており、小さな立て札に「旭鶴 上久保酒造地跡」と記載が。

いつ頃の創廃業で、どんな酒だったのか、ご存知の方がいらっしゃればお教えください。





その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。









2017年08月11日 (金) | Edit |
■今月のお酒
誠鏡 純米スパークリング
開運 特別本醸造





今月は2本。

日本酒は休みの日しか飲まないんですけど、珍しく外飲みが2回もあったので、その分機会が減ったということでして。

この2本、どちらもいいお酒でしたが、開運のコストパフォーマンスは流石ですね。

お祝い事にもつかえるし、デイリーユースとしても優秀なお酒。

また買おうかな(笑





(評点は、なし~★★★★★。個人の好みで評点を付けています。)





誠鏡 純米スパークリング ★★
醸造元:中尾醸造(竹原市)

誠鏡 純米スパークリング 瓶

前も飲んだ事あるような気もしますが、美味しそうだったので気にせず飲んじゃいましょう(笑

誠鏡 たすき



僅かなオリの香り。

泡は優しく、軽いしゅわしゅわ感が良いですね。

味わいとしては、オリのコクと甘苦さが目立ちます。



牛タン・ぼんじり・ソーセージなどお肉メインの夕食と合わせてみましたが、優しく脂を流してくれ、食を進めるには丁度いいお酒だなと感じました。

誠鏡 純米スパークリング たすき裏





開運 特別本醸造 ★★★
醸造元:土井酒造場(静岡県)

開運 瓶

給料日前でお金ないけど、たくさん飲みたい!

そんなわがままを、一定以上のクオリティで叶えてくれる貴重なお酒。

開運・特別本醸造。

一升瓶で2,000円ちょいは、亀齢の辛口純米八拾と同じ価格帯。

そして、それに負けないくらい旨いんですよ。



開運 ラベル

冷蔵庫から出したてをあけてみると、僅かながら、アルコール感が立った香り。

含むと、その香りは気にならず。

そこそこのコク、後口には辛さがあり、切れの良いお酒です。

2杯目からはまったりとした口当たりとなり、甘さも顔を出すように。



開栓二日目。

冷たいと飲み口軽く、お風呂上りだとごくごく飲んでしまいそう。

常温が近づくにつれ、コクと旨味が出てきます。

安くて旨い酒ですけど、定番すぎるからでしょうか、話題にならない。

売れないからでしょうか、飲食店でも見かけない。

こういうお酒こそ、色々な人に飲んで欲しいんですけどね。

開運 たすき



その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。







2017年07月15日 (土) | Edit |
■今月のお酒
白鴻 広島雄町 純米吟醸無濾過生原酒
菱正宗 超辛口純米酒
瑞冠 純米発砲にごり生酒
愛宕の松 純米吟醸 ひと夏の恋
日下無双 発泡純米60



6月も個性豊かなお酒たち5本のレビューをお届けいたします。

これは!というお酒はありませんでしたが、菱正宗を1本飲めたのが良かったかなと。

そういえば、三吉正宗もコップ一杯しか飲んでないなぁ。

買いに行かなきゃ(笑





(評価は、なし~★★★★★ 個人の好みで評点をつけています)





白鴻 広島雄町 純米吟醸無濾過生原酒 ★★
醸造元:盛川酒造(呉市)

白鴻 無濾過生原酒

近所の石川酒店で妻がチョイス。銘柄任せたら、白鴻買う率高いなぁ(笑

ホント好きなんですね。



買ったその日の夜に、冷蔵庫から出したてを開栓してみました。

白鴻 無濾過生原酒 ラベル

蒸れたような香り。

含むと無濾過生原酒らしいコク、最後には苦味。



二杯目からは順序が入れ替わり、最初に苦味が強く感じられるようになりました。

白鴻らしい旨い酒ではありますが、僕はちょっと飲みにくいかなぁ。

白鴻 無濾過生原酒 裏





菱正宗 超辛口純米酒 ★★
醸造元:久保田酒造(安佐北区可部)

菱正宗 辛口 瓶

菱正宗ってきちんと一本飲んだことがなかったので、イオンの酒売り場で見つけたのを機に購入してみました。

以前飲んだのは、アリスガーデンでのイベント時。

プラスチック製の小さなコップで一杯だけ。

随分時間が経っていますから、実質は初めて気分ですね。



菱正宗 辛口 ラベル

超辛口と銘打っているだけあって、辛そうな香りが立ち上がってきます。

含むと、とてもすっきり。

少し渋みがあってピリ辛なテイストです。



杯を進めるにつれ辛さが増し、アルコール度数が高まってきたような。

そこで氷をひとつふたつ浮かべてみると、これがドンピシャの濃度。

そのまま、するするっと飲みきってしまいました。

菱正宗 辛口 ラベル横





瑞冠 純米発砲にごり生酒 ★★
醸造元:山岡酒造(三次市)

瑞冠 瓶

梅雨入りし、じめじめしてくると、あわ系のお酒が欲しくなりませんか?

ビールでもいいんですが、日本酒のほうがお腹へのたまり具合が軽いものですから、つい(笑

さて今シーズンの第一弾は、ゆめタウン広島で出会った瑞冠の発泡モノ。

冷蔵庫でしっかりと冷やしてから開栓してみました。



開栓には手こずらず、スクリューキャップひとひねりで。

瑞冠 たすき



たおやかな「おり」の香り。

とろんとした口当たりに軽めのプチプチ感、最後に苦味。

思った通りのお酒で、軽い飲み口なのでスイスイいけちゃいます。



この日は、ポテサラやアジのなめろう、ロシア風に調理した蕎麦の実などを合わせてみましたが、いずれも美味しくいただく事が出来ました。

瑞冠 裏





愛宕の松 純米吟醸 ひと夏の恋 ★★
醸造元:新澤酒造店(宮城県)

愛宕の松 瓶

初めて愛宕の松を飲んだのは2010年。

東京出張の際に表参道ヒルズに立ち寄り、帰りの新幹線で飲む酒を「はせがわ酒店」で買った時のこと。

あれから6年半か~



さて今回は、二体目のアンノーンを捕獲した後に立ち寄った酒商山田で購入。

妻がラベルに一目惚れしたそうでして。

愛宕の松 ラベル



コクのありそうな香り。

含みは、とろんとつるんと。

きゅんとした甘酸っぱさという説明書きでしたが、そのニュアンスは僅かばかり。

室温に近づくと、甘さが先に立つものの、ひと夏の恋のようなきゅんとした酸味は感じられませんでした。



とは言え、まずまずのお酒でして、牛もも肉のたたきや小イワシの刺身などとの相性は悪くありませんでした。

愛宕の松 シール





日下無双 純米発泡60 ★★
醸造元:村重酒造(山口県)

日下無双 瓶

ひと夏の恋と同時に購入した日下無双。

発泡系なので先に飲むつもりが、ガスが強すぎてなかなか開栓できないという(苦笑

5分では開かなかったので、先にひと夏の恋を飲みながらの開栓作業。

15分程要したでしょうか。



日下無双スパークリング ラベル

おりの重たい香り。

含むと強いチリチリ感。

甘い辛いというよりも、炭酸強いなという印象が残ったお酒です。



4合瓶を2人で飲み干すよりも、人数集まる場面での乾杯酒にするのが良いでしょうね。

日下無双スパークリング ラベル横





その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。