2015年11月27日 (金) | Edit |
少し話題になっている、ぺヤングやきそばのにんにくMAX。



良く見えるところに書いてある注意書きがなかなか凄くて、食べてみなきゃ感MAXです。



だって、「食べるときは一人で食べろ。周りの迷惑だ(意訳)」ですよ(笑)。





ぺヤングは、以前発売した激辛(セブンイレブン限定)が突き抜けた辛さでしたので、今回も期待できるかもしれませんね~

では早速、食べる準備に取り掛かりましょ。









中から取り出した、かやくとソース。



これがにんにく臭さの素なんですね。

楽しみ(笑)。





かやくを麺にあけると、乾燥したガーリックチップが。



これだけではあんな書き方しないでしょうから、ボスはソースと推察されます。





お湯を入れて3分。

そして、敬意を表して別皿へ(笑)。







ソース掛けましょ。







混ぜてみると、見た目は塩焼そばみたいですね~







離れているとガーリックチップの香りがふんわりと感じられます。

そして実際に食べてみると、生にんにく特有のつんとした刺激臭が感じられ、鷹の爪のピリ辛と相まって、なかなかの旨さ。

周囲に拡散するほどのガーリック臭は焼そば自体からは感じられませんけど、吐く息が拡散する仕掛けなんでしょうかね。





と思ったら、お湯沸かす時に回してた換気扇切らずに食べていました(苦笑)。

これでは拡散具合がアテになりません。。。

なんにせよ、なかなか旨いので、連休初日のお昼に食べてみられてはいかがでしょうか?



その他の日々のことに関する記事はこちらからご覧いただけます。










2012年08月27日 (月) | Edit |
8月25日の土曜日に、日本赤十字社による赤十字救急法短期講習会に参加しました。

この講習会は、勤め先の中にいくつかある特命チーム(?)の1つが段取りをして開催したもの。

社内外問わず参加可能という事にしで、結果、20名弱が参加されました。

※ちなみに社内7:社外3という感じでしたよ。



ちなみに僕の所属するチームはなぜか飲み食いに興味がある人が多く、「奥さんに喜んでもらうために料理を学ぼう」とか「家族を呼んでバーベキューをしよう」とか「とにかく美味しいものを食べ歩きたい」というテーマが出ていますが、まだ何も決まっていません。

※僕は一切誘導していませんよ~。

ま、とりあえず酒でも飲みながら考えましょうという事で、近々、夜のミーティングが開かれる予定です(苦笑)。



さてこの講習会、「救急車が来るまでの間に自分に出来る事」を身につけましょうというのがコンセプト。

これを聞いた時、「もし身近な人が隣で急に倒れたら、救急車が来るまでの間に少しでも手当てや心肺蘇生が出来たほうが良い。」そう思ったものですから参加を決めた訳です。



会場は、中区本通りにある勤め先の営業所の2階で。

人形を使っての人工呼吸の練習などがありますので、膝をつけるようにブルーシートを敷きこむなどの設営がされていました。






講師の方は日本赤十字社から来ていただきましたが、座学は少なく実践がメイン。

こんな人形を使って


人工呼吸や


胸骨圧迫(いわゆる心臓マッサージ)、


AEDの使い方などを体験しました。






あ、あと写真には収めていませんが、子供や赤ちゃんに施す人工呼吸や胸骨圧迫のやり方も指南があって、赤ちゃんへの人工呼吸はため息ぐらいの強さで、胸部圧迫は指二本で、と大人とは違うやり方に釘付け。



今回参加して得た事は以下の通りです。

1.今の方法では、人工呼吸は重要ではなく成功すれば(上手く空気が入れば)ラッキーぐらいの位置付けとだということ。(やらないよりはマシという程度らしい)

2.胸骨圧迫、いわゆる心臓マッサージは心臓を復活させるためではなく、動いていない心臓から血液を送り出すためにするということ。(完全な認識間違い)

3.胸骨圧迫をする時に背骨と腰を固定しなくては力が上手く伝わらないこと。(経験してよかった)

4.意識がなさそうな状態でも、安心させるような言葉で声をかけ続ける事が大事。(人間、声を掛けられたら答えようとして意識レベルが上がるらしい)

5.そして、誰かが倒れた時に自分が手助けできるかもという心境になったこと。(自信はないけど、何とかなるかも!)



とてもとても有意義な講習会でしたので、この場を借りて紹介させていただきました。

救急法等の講習会は日本赤十字社で随時開催されているようですので、ご興味のある方は日本赤十字社のHPをご参照下さい。

※リンク先は広島支部<http://www.hiroshima.jrc.or.jp/study> 

大切な人が隣で倒れた時、何ができるのか?

ご興味のある方は是非受けてみてください。


その他の日々のことに関する記事はこちらからご覧いただけます。







2011年11月25日 (金) | Edit |
マルチャン「四季物語」のラーメンシリーズレポートの最終回です。



昨年の9月に偶然手に取った「秋のときめきラーメン」。

そして昨年12月に、これまた偶然手に取った「冬のときめきラーメン」。

今年3月に狙って買いに行った「春のときめきラーメン」。



このようにして、マルチャンの策略(?)にはまっていった僕は、夏のラーメンも当然のように食べるんだろうと思っていました。



今年の6月6日。待望の夏ラーメンの発売日です。発売日当日に買うのも何だかなぁと思い、後日買って食べることにしました。

が、8月に入ると夏ラーメンの姿が店頭から消え、近所のコンビニやスーパーを探したもののどこも品切れ。

やばい、食べられなくなるかも。。。

少し慌てたものの通販で取り寄せるほどではないですし、まぁどこかで出会えたら食べようか、と気を取り直してみました。



そうこうしている内に、店頭には秋の限定ラーメンが並び始め、夏ラーメンは食べることなく終わったなぁと寂しい気持ちを抱えたまま迎えた9月下旬の事。



薬研堀通りのファミリーマートで水でも買おうかと立ち寄った所、な、な、何と、陳列棚に夏限定ラーメンがあるじゃないですか!

これはまさに運命の出会い!!

即購入し、この度ようやく食べる事が出来ました。

2011092312140000.jpg

2011092312150000.jpg 2011092312150001.jpg


スープは軽いコンソメスープで、具材はトマト、いんげん、玉ねぎ。

2011092312290000.jpg

これまでに食べたシリーズ3作の中では、スープの方向性が違うので良いなぁと思います。

が、トマトは妙な味付けが施されているし、スープも食後感が悪いのが残念。



出来栄えとしてはイマイチでしたが、何はともあれ、四季物語シリーズの記事はこれにて終了。

また面白そうなのがあったら追っかけてみます。

■四季物語
2010年秋
2010年冬
2011年春


その他の日々のことに関する記事はこちらからご覧いただけます。







2011年11月01日 (火) | Edit |
僕が作る料理のレシピは、「クックパッド」や「ツイッター」、「ねこおやじさんのブログ」等のネット情報から入手しています。

「あ、あれ作りたいなぁ」と思ったら、検索すればすぐにレシピが見つけられる時代。いやはや、便利な世の中になったものです。



しかし、レシピ通りに作ってもイマイチな出来の事が多々あって、それは火加減や素材の下処理、材料を入れるタイミング等という料理の基礎的な技術や知識が不足しているからだと考えていました。

なので、偶然とはいえこの本を見つけた時の心境は、まさに「我が意を得たり」。

レシピも多数掲載されていますが、基礎的な技術や知識が特集されています。



※料理にお詳しい方には既知のことばかりでしょうが。。。



「クロワッサン」を読んで、恥ずかしながら「へぇー」と思ったことが幾つもあったんですが、その中でも炒め物の火加減については、知っていることと真逆の事が書かれていました。



チャーハンなどは強火で一気に仕上げるものだと思っていたんですが、どうやらそうじゃないらしく、中火でじっくりと炒めるのが大原則なんだそうです。

そしてご飯をパラパラにする秘訣として紹介されていたのが、ご飯の投入と同時に塩を入れること。

確かにこれをするとご飯がパラパラに仕上がります。

いやぁ、知りませんでした。。。



その他、「煮る・茹でる」のコーナーも実用的な内容ですし、調味料の生かし方についても勉強になる事ばかり。

おかげで、自宅で作るご飯が僅かながらランクアップしたように思います。



ここ最近作ったのは、鶏胸肉のステーキ、秋刀魚と茄子のトマトソーススパゲッティ、ハッシュドビーフ、大根のチキンスープ煮込み、煮卵、炒飯など。写真は撮っていませんが、鶏つくねとゴボウの炒め物なんかも作りました。









ぶらっと訪れた週刊誌・月刊誌コーナーでたまたま目に入ったから買った「クロワッサン」。大いに役立っています。

こういう出会い方って、リアルな書店だからこそ、かな。

ネット書店は目的物が決まっていて書店に行く時間が取れそうにない時には便利でいいのですが、リアル書店だと目的外の掘り出し物に当たる事があって、そういう偶然の出会いって、僕は楽しいと思うな。


■その他の日々のことに関する記事はこちらからご覧いただけます。







2011年10月22日 (土) | Edit |


10月15日に、今まで使っていた携帯電話(いわゆるガラケーと言うのかな?)からiphone4sに変えた。

僕は動画や音楽を保存する事は少ないだろうと思い、実質0円の16GBでホワイトを選んだ。



予約したのは10月8日の夜。パルコの前にあるソフトバンク本通り店だ。正直なところ、一歩出遅れた予約だったので発売日当日には手に入らないだろうと思っていた。

予約時点では「入荷時期不明です」とは言われていたものの、少しだけ食い下がってみると「1ヶ月は待たないと思います。」との情報をゲット。



そういう心積もりで待っていたら、発売日当日の夕方にショップから電話があり、「明日(10月15日)にはお渡しできます。」との事だったので、喜んで取りに行った訳だ。



18時半頃取りに行ったはいいが、ソフトバンクのサーバーダウンやらなんやらで、使える状態で受け取ったのは21時頃。

その翌日から2~3日掛けて、アプリのダウンロードやら、自宅でWIFIが使えるようにしたりやら設定して、まあまあ満足できる環境は整った感じ。



使ってみての印象だが、iphone4sは僕にとってのワンダーランドだ。(←大げさ?)

ネットでの検索がスピーディーにできるし、主にナビゲーション系の便利なアプリのおかげで道に迷う事がなくなったし、周辺施設の検索もスムーズ。

お客様のお宅に訪問する際には手鏡のアプリで身だしなみを整える事が出来るというのも面白い。

待ち時間や交通機関での移動時には他人のブログを閲覧したり、自分のブログの編集もさくさく出来る。



今までのと比べて、いろいろな面で利便や時間の短縮を得る事が出来、僕はiphone4sに変更して概ね満足している。



概ねと言ったのは1点だけ満足できていない部分があるからだ。それは、自分のブログに写真をアップする際に、800万画素のカメラで撮ったはずの写真がぼけてしまう事。

画像を縮小する際に画質の劣化を招く事は仕方がない、と数人の詳しい方からは言われた。



そりゃそうなんだろうけど、明るい場所で撮った写真だと、場合によっては、前の携帯で撮った300万画素の写真の方がいいように思う。

標準のカメラと無料アプリしか使わない僕がセコいからなんだろうけど、何とかできないものだろうか?



さて、写真は今日の昼食。(←たった今、食べ終えたばかり!)

幟町にある福屋食品館FREDで購入した炙りサンマの握りとどん兵衛天ぷらそばだ。





仕事の日は毎日事務所で食べているので、正直ネタに困る(苦笑)。以前は愛用していたコンビニ弁当は、余程選ばないと食べられる物が少ない。

何を食べようかと困ったときには、この組み合わせに逃げる事にしているのだ。



なお、この日のサンマ握りは今ひとつ。残念。



同じ値段で旨そうな鯵の握りがあったんだが、なにせ4貫しか入っていなかったので(苦笑)。



ちなみに、写真はアプリを使わずに、保存したものをFC2ブログのアプリ内で縮小し取り込んでみた。

やはり少しぼけてるかな?いや、そうでもないかも。。。


※今日の御代は639円。高いなと思ったら、そうか、どん兵衞が99円じゃないんだった(苦笑)。


■その他の日々のことに関する記事はこちらからご覧いただけます。