白目をきれいに
2017年07月24日 (月) | Edit |
-二階にも楽しみが-





西蟹屋の探索中に見つけた『オブジェ』というカフェ。

入口横の目立つサインには「ギャルリ青鞜(せいとう)」とあり、入口前のA型看板には店名を見て取れます。

オブジェ 外観

オブジェ メニュー





店内には、テーブル席がいくつかとバーのようなカウンターが最奥に。

入ってすぐの所は吹き抜けになっていて、2階のギャラリーに続く階段が設置されています。

オブジェ 店内

お店の切り盛りは品のいい女性がお二人で。

ふと見ると、棚にお酒が並んでいて、ひょっとして夜は飲めるのかもしれません。





注文したのは日替り弁当。

黒い正方形のお弁当箱と味噌汁で720円です。

オブジェ 日替わり弁当

オブジェ 味噌汁




おかずは6品。

オブジェ おかず

少し塩っぱい水菜のおひたし、砂糖がほとんど使われていないナマス、ウインナーと卵焼き、ちくわ、白身フライという内容です。

この中では、おひたしとなますが惹きがあったように感じました。





サラダはレタスがメインで、ノンオイルの青じそドレッシングでいただく事に。

オブジェ サラダ

割と多めの量が嬉しいですね。





ご飯は鶏とゴボウの炊き込みご飯。

オブジェ 鶏ごぼうご飯

鶏とゴボウの相性たるや万全ではありませんか~

ふんわりと香り、ご飯にもしっかりと味が入り込んでいます。

これは旨かった。





BGMがお昼のワイドショーなのは残念な点ではありますが、まずまずいいお昼ご飯だったと思います。

食後に時間のある方は、2階ギャラリーの展示品を見て帰るのも良いかも。

オブジェ 展示案内

ごちそうさまでした!!

(2017.6)



■お店のデータ
オブジェ
広島市南区西蟹屋1-1-46-2
0822642202
11:30~14:00
夜営業は未確認。
定休日:土日だったかな?


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年07月22日 (土) | Edit |
-券売機の功罪-





「食べたいものが決まらない日は、食堂に飛込め」

ということで訪れたのが、紙屋町にある『米米食堂』です。

※誰の言葉なのかって?僕です(苦笑





お店の場所は、国際ホテルの裏辺り。

一つ前に「そば処禅」という店が入っていた場所でして、更に前には「海風堂」があった場所と言えば、ラーメン好きの方にはピンと来ると思います。

米米食堂 外観





中に入ると食券購入を促されますので、タッチパネル式の券売機で購入しましょ。

定食と麺類のメニューをささっと確認し、「名物」と謳ってある鶏の唐揚げ定食(中)をタップ。

食券を手渡し、指定された席に座るという流れです。

米米食堂 店内

米米食堂 店内2





しかし、この券売機って言うのは、なかなか厄介なものですね。

初めての店だと注文決めるのに時間掛かっちゃいますし、お昼時だと、焦ってますます決まらない人もいるでしょう。

一見客にはなかなか厳しいシステムだけど、店側のお会計の手間を考えるとアリなんでしょうしね。





とか考えていると、鶏の唐揚げ定食の登場です。

米米食堂 鶏の唐揚げ定食 中

ご飯・味噌汁・小鉢・漬物・メインのプレートで740円だったかな。





メインに寄ってみましょう。

米米食堂 鶏の唐揚げ

大き目の鶏の唐揚げが4つ。

片栗粉の衣はさくっとしていて、肉にはジューシーさが残る、丁度いい揚げ具合。

ニンニク醤油ダレの風味と課長さん比率の高い塩胡椒。

これは、ご飯がススムくんなタイプではありませんか~

鶏の脂・衣の風味・課長さんのおかげで、ビールのあてにもピッタリかなと。





ご飯はお代わり自由。

保温ジャーから好きなだけよそうセルフスタイルです。

元々が小さめのお椀での提供なので、唐揚げ4つを食べ切ろうと思ったら、お代わり必須。

僕もお代わりをしてしまい、図らずも食べ過ぎてしまいました(苦笑





お米にはこだわっているらしく、生産農家の方を顔写真付きで紹介しているほど。

確かに、ご飯は旨かったと思います。

なお、冷奴等に使う醤油はとても出やすいので、ご留意ください。





他の定食類は800円台が多く、丼物も似たような価格帯。

麺類単品は500~600円台が中心。

それらと比べると、唐揚げの定食は妥当な金額だと感じました。

ごちそうさまでした!!

(2017.6)



■お店のデータ
米米食堂
広島市中区紙屋町1-5-3
0822418138
11:00~22:00
※日祝は~21:30
定休日:なし


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








2017年07月21日 (金) | Edit |
-40年近くやってる喫茶店-





広島駅北口近くにある『紫陽花』という喫茶店でお昼を食べてきました。

紫陽花 外観

紫陽花 メニュー





店内は、落とし気味の照度にダークカラーの木を多用した作り、小さめの音量で流れるクラシック。

大人な空間で落ち着きがあります。

紫陽花 店内

紫陽花 店内2

紫陽花 店内3





注文したのは、日替りのハンバーグ定食。

紫陽花 日替わり





メインのプレートには、軽く焼き色が付いたハンバーグ・深い赤茶色のソース・キャベツやレタスのサラダが盛られています。

紫陽花 ハンバーグ

ハンバーグは滑らかでソフトな口当たり。

ほんのりとカレーっぽい香りも。

サラダには柑橘系の酸味があるドレッシング。

これ、いいなぁ。





小鉢のなますは定番の旨さ。

紫陽花 なます

熱々の味噌汁は、やわやわのワカメがいいですね。

紫陽花 味噌汁





食後にはコーヒー。

紫陽花 コーヒー

カップの持ち手がくるんとしていてかわいいですよ。





トレイ。

いい感じに使い込まれていますね。

紫陽花 トレイ

一枚板のカウンターもなかなか。





喫煙は可のようですが、「タバコは1、2本にしてください」と書かれた短冊あり。

嫌煙の流れの中、お店としても配慮を求めているんでしょうか。

個人的には、完全禁煙の店が増えて欲しいなと思っております。

ごちそうさまでした!!

(2017.6)



■お店のデータ
紫陽花
広島市東区光町1-11-24
0822631416
7:30~18:00
定休日:日・祝


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






2017年07月20日 (木) | Edit |
-安くて早い-





今回訪れたのは、白島Qガーデンの向かい側にある『一銭洋食』。

一銭洋食 外観

広島のお好み焼きって一銭洋食の改良版と聞いていまして、その意味においては、なかなか大胆な店名ですよね。





店内は手前鉄板・奥テーブルという配置で、鉄板前は5~6人ほどが座れそうです。

お店の切り盛りは、親子くらいの年齢差の男女がお二人で。

メインの焼き手は男性で、サブ的な動きを年上の女性がこなしています。





メニューです。

一銭洋食 メニュー

肉玉そばが600円。

焼そば(うどん)は500円。

この場所にしては、安くてありがたいなぁ。





注文が入ると生地を丸く敷き、鰹節をぱらりとひとつまみ。

多めのキャベツと僅かなもやし、天かす、豚バラ三枚、ラードと材料を積みます。

一銭洋食 途中

反転させたら生地をよけ、出汁のようなものを注したらしばらく放置。





麺は生麺。

1分ほど茹でたら鉄板の上で丸く成形し、油をかけて青ねぎパラリでこちらも放置。

一銭洋食 そば

少しすると、青ねぎのいい香りが漂ってきます。





ここで本体を反転し、上下の向きを元に戻します。

焦げたキャベツを取り除き再度反転したら、取り除いたキャベツの補充でしょうか、生地をよけて生のキャベツを追加。

その後、ヘラでぎゅーっぎゅーっとプレス開始。

水分を吸った生地が破けてきて、キャベツに混ざっちゃうんじゃないかと思うくらいに。





卵を貼り付けた後は、ソースや青海苔などを施し、完成に至ります。

一銭洋食 お好み焼き

やや緩めの卵、パリッとムチッとしたそば、ほっこりキャベツ。

僅かなもやしの存在感はありませんが、パラリと置いた青ねぎの風味は立っています。

ボリュームもある程度あって、まずまず旨いお好み焼きではないでしょうか。





他のお客が頼んでいた焼きうどんは、これでもかと言うくらい、ソースを絡めた後も炒めて香ばしさを出していました。

そちらも食べてみたいなぁ。

ご飯と合いそうなので、次回注文してみようかな。

ごちそうさまでした!!

(2017.6)



■お店のデータ
一銭洋食
広島市中区東白島町19-83
0822284725
11:00~21:00
定休日:日・祝


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年07月19日 (水) | Edit |
-ライト感、際立つ-





久し振りに食べてみよう。

『かばちや』のラーメンを。

昼時に猿猴橋を渡る際、いつも行列していたので、ちょいと気になりましてね。





かばちや ラーメン

細い麺を束ねて丼の中央に山を作り、そこにチャーシューと卵を寄り添わせる盛り付け。

以前食べたときもこうだったっけ?

と、確認してみると、以前と同じでした。

後から気付くこともあるんですね。





スープは白濁していて、油脂が少なそう。

実際に飲んでみると印象通りで、喉越しの滑らかさも特徴的。

ライトな印象ですけど、不足はなく旨いスープです。





角煮と呼んでも過言ではない分厚いチャーシューは、ほろっと崩れる柔らかさ。

細い麺は、豚骨の中では柔らかい部類でしょうか。

「カタメ」至上主義の方は受け入れないかもしれませんが、これも店の考え。

食後感の軽さや喉の渇きの少なさは特筆物ですね。

久し振りに食べたけど、僕は好きだなぁ。





備え付けの辛子高菜。

かばちや 辛子高菜

油がしっかりと回った高菜は、とても控えめな辛さ。

ラーメンをしっかりと味わってほしい。

そういう意図があるのかなと感じましたが、いかがでしょうか。





780円というお代はラーメン単品だと高く感じますが、希望者にサービスされるライスまで含めると納得感あり。

って、以前の記事でも書いたような(苦笑





ふとしたときに、また立ち寄ってみましょ。

ごちそうさまでした!!!

(2017.6)



■かばちやの訪問記
かばちや(2011.12)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。