白目をきれいに
2017年08月01日 (火) | Edit |
-ご飯をわっしわしと-





未訪問店のリストを見返していると、白島の『太奴木(たぬき)』に行ってないことに気付きました。

以前行こうとした時は、お魚気分の日に日替りが肉だったので、スルーしたんたよなぁ。





改めてお魚気分の日に行ってみると、日替りがお魚ではありせんか~

ナイス!

太奴木 メニュー

太奴木 外観





中に入ると、オープンな厨房を取り囲むL型のカウンターが。

その一部には鉄板コーナーがあり、お好み焼きや鉄板焼きも出されるんだとか。

太奴木 鉄板

お店を切り盛りする女性の話では、奥にも席があるらしく、おそらくは座敷なのかな?

太奴木 カウンター

太奴木 カウンター2





お昼は1種類のメニューしかないので、注文せずとも準備が整えば、お料理は出てきます。

太奴木 日替わり

出て来た日替わりは、焼きサバにご飯・味噌汁・漬物・小鉢が二つ。





メインの焼きサバは、そこそこのサイズの片身がドーンと出てきて、脇に大根おろしが添えられています。

太奴木 焼き鯖

予め焼かれているのでほんのり温かいぐらいですが、ノリノリの脂と塩気で抜群のおかず力。

これはご飯が進むわ~





小鉢は、油揚げと小松菜を炊いたもの。

太奴木 小鉢

やや塩気が強めで、これもおかず力高し!





盛りの良いご飯をわっしわし食べ進め、熱々の味噌汁で流し込む。

うん、幸せだ(笑





日替りは曜日によって内容が異なり、月曜日はお好み焼き、火曜日が肉、木曜日は魚、金曜日は内容不明ですがお客様DAYにつき680円が300円なんですって。

月曜日のお好み焼きが気になるけど、予め焼いてあるのかなぁ。

確かめに行ってみますかね。

ごちそうさまでした!!

(2017.6)



■お店のデータ
太奴木(たぬき)
広島市中区東白島町3-6
0822211238
11:30~14:00
17:30~24:00
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






2017年07月28日 (金) | Edit |
-重い腰を上げる-





今年の4月だったでしょうか、『なづき』という店が出来ているのに気付いたのは。

お値段のこともあり、少し様子見してましたが、この度お昼を食べに行ってきました。

なづき 外観

場所は、福屋食品館FREDの向かい側。

以前は「アジュール」というフランス料理のお店でしたかね。

因島に移転した「カフェバグ」もここにありました。





中に入るとすぐにカウンター席があり、少し隔てられた奥にはテーブルが3卓。

そして、道路に面した個室もあるみたいです。





お一人様での入店でしたが、奥のテーブル席に案内してくださいました。

なづき 店内

なづき 店内2

マダムのランチが似合いそうな雰囲気。

BGMも派手ではなく、落ち着きがあっていいですね。





お店の切り盛りは、親子ぐらい年の離れた男女がお二人で。

ホールは女性が担当し、若い男性が調理を担当されています。





メニューです。

なづき メニュー

3種類のメインから、オムハヤシをチョイスしてみました。





まずは前菜3種から。

なづき 前菜

左から順次寄っていきましょう。





豆腐と水菜など。ゴマドレッシングで。

なづき 豆腐とサラダ

味の濃い豆腐が旨いですねぇ。





しいたけと小松菜のおひたし。

なづき おひたし

品の良い出汁、すりゴマの香り。穏やかに旨いです。





自家製さつまあげ。

なづき さつま揚げ

ほろっと崩れるさつま揚げ。敷いてある新玉ねぎの優しいこと。





スープ。

なづき スープ

出汁にほんのり味を付け、オクラやアオサ、白ごまを散らしています。

これも穏やかで旨い。





メインのオムハヤシ。

なづき オムハヤシ

なづき ソース

滑らかで穏やかなソース。

丸い酸味が感じられますが、トマトと言うよりも赤ワインかなという印象です。

卵は、焼き目は付けずふんわりと。

なづき 卵





食後にはホットコーヒー。

一息入れて、お店を出ました。





普段のランチには少しお高い金額ですけど、内容は良かったと思います。

夜も気になる気になる(笑

ごちそうさまでした!!!

(2017.6)



■お店のデータ
なづき
広島市中区幟町6-21
0822243733
11:30~14:30
18:00~23:00
定休日:水曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年07月05日 (水) | Edit |
-勢いを感じる-





お肉気分の日に訪れたのは、上大須賀町にある『すなを』という居酒屋さん。

新幹線の高架沿いにあるお店で、以前ご紹介した「億万長者」「炒めし屋」と同じ並びにあります。

すなを 外観





店頭にあるメニュー。

すなを メニュー

日替りは選択制で2種類。

その他に、豚の生姜焼きと鶏の唐揚げもあるみたいです。





お店の入口は、建物入って突き当たり。

客席はテーブル2卓とカウンター席。

切り盛りするのは、活気のある男性がお二人で。

すなを 店内

満席の際に使われるスペースが別区画に用意されていて、調理場はあるけど客席専用スペースとして使っているようです。

後から分かった事なんですが、そこは「達」というお店らしく、昼営業がないので使わせてもらってるような雰囲気でした。

この記事を読んでくださった方は、間違えて別区画に入り「あれ?店員さんは?」と僕のようにきょとんとしないように(笑





日替りの照り焼きが売り切れだったので、鶏の唐揚げを注文。

すなを 鶏の唐揚げ定食

内容としては、メイン・ご飯・味噌汁・漬物・小鉢2つで750円です。





メインに寄ってみましょう。

すなを 鶏の唐揚げ

大き目の鶏の唐揚げが4つ。

青ねぎ混じりのタレがかけられているようです。

水菜中心のサラダもそこそこ量がありますね。

すなを サラダ





唐揚げは揚げたてジューシー。

ほんのり甘酢テイストのタレもいいですね。

サラダは水菜・オニスラ・トマトで、やや酸味強めのゴマドレにて。





小鉢のナス。

すなを ナス

皮を剥いたナスはさっぱりとした味付け。

箸休めにいい存在です。

根菜とイリコの効いた味噌汁も旨いし、唐揚げもご飯も多め。

店の雰囲気から察しても、わりと繁盛しているお店ではないでしょうか。





夜のメニューがあったので、パチリと一枚。

すなを 夜メニュー

ざっと見ると、一品物は500円前後。

刺身が単品で7~800円。

そんなにお高い感じではなさそうです。





建物から出て振り返ってみると、二つの店の看板が。

すなを 看板

『達』も気になるなぁ。

夜も良さそうなので、機会を作ってみたいと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2017.5)



■お店のデータ
すなを
広島市東区上大須賀町14-4
0822629505
11:30~14:00
18:00~24:00
定休日:土曜日の昼・日曜日(祝日は不定休)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年06月26日 (月) | Edit |
-悪い印象だったけど-





ちょっと気になっているお店。

ステーキの「ミディアム」と小料理の「こまき」。

これらのお店が同じビルに入っているとは認識しておりませんでした。





それが発覚したのも、『馬ちゃん家』を訪れたから。

馬ちゃん家 看板

何と、こちらも同じビルだったとは(笑





エレベーターで3階に上がり中に入ると、こげ茶の床にこげ茶の調度品、カープ関係の掲示物で埋まった白い壁。

馬ちゃん家 店内2

馬ちゃん家 店内

20名少々まで入れそうなお店を男女2名で切り盛りされています。





居酒屋らしく、豊富なメニュー。

壁にはオススメが掲示されていて、季節物の魚や野菜、日本酒などがあることが分かります。





つき出しは、ナマスと蕗の煮物・アサリ。

馬ちゃん家 つき出し

どれも少し醤油が勝った味付け。





もずく酢。

馬ちゃん家 もずく酢

二杯酢もちょっと醤油辛くて、これが味付けの傾向なんでしょうかね。





ツナと梅のあっさりサラダ。

馬ちゃん家 サラダ

左右のトマトがちょっと凝った盛り付け。

梅の酸味が心地良いものの、ツナとドレッシングの影響で油は多め。

あっさりではありませんが、まずまず旨いと思います。





若鶏の唐揚げ。

馬ちゃん家 鶏の唐揚げ

なかなか可愛らしい盛り付けの唐揚げは、衣がかりかりでスナッキー。

肉は少しパサついていますが、こちらもまずまず。





和牛のたたき。

ニンニクの有無を聞かれたので、ありでお願いしてみました。

馬ちゃん家 和牛たたき

少し甘いタレで食べるも良し、そのまま食べるも良し。





お刺身盛り合わせをお任せで。

馬ちゃん家 刺し盛り

生たこ・真あじ・ヒラメの3種盛りでして、なかなか旨いお刺身でした。





稚鮎の天ぷら。

馬ちゃん家 稚鮎の天ぷら

稚鮎6匹に、はじかみ。こしあぶら・舞茸・筍は二つずつ。

一人前だと多すぎるし、二人前だと頼んでないし。

これはどっちなんだろうか(苦笑

天ぷらの衣も唐揚げ同様にガリッと系。

稚鮎やこしあぶらのほろ苦さが添えられた塩とよく合っていて、なかなか旨い天ぷらでした。





お客が増えてきたし、タバコもモクモクし始めたので、この辺りで退散。

お酒は、生ビール2と日本酒(元晴・天宝一を各1合)。

お代の方は二人で8,000円程度。





最初の数品は、料理の提供スピードがかなり遅くて困ってしまいましたが、後半の満足度は高かったです。

個人的に再訪はありですし、会社の飲み会で使ってもいいかもしれません。

ごちそうさまでした!!

(2017.5)



■お店のデータ
馬ちゃん家
広島市中区堀川町1-29
0822440334
18:00~翌3:00
定休日:日曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








2017年06月19日 (月) | Edit |
ー街中に行かなくても、良いんじゃない?ー





「川鶴」の飲み比べをしようと友人に誘われ、廿日市にある『和ます(かずます)』に行ってきました。

※わます、だと思ってた(苦笑





お店の場所は、広電廿日市駅近く。

商店街を宮島街道付近まで歩くとお店が見えてきます。

和ます 外観

和ます 入口





店内は節のある木を多用した作りで、清潔感あり。

まだ新しいお店なんでしょうね。

和ます 敷き紙





この日の主役!

和ます 川鶴

左から、純米生原酒・純米直汲み無濾過生原酒・純米吟醸生原酒。

どのお酒がどんな味か明確に覚えていませんが、温・冷どちらでもいけるお酒でして、食べ物との相性もオールラウンドに感じました。

機会があれば、原酒ではなく加水も飲んでみたいですね。





さてお料理。

つき出しは貝の煮たの。

和ます つきだし

爪楊枝をくりっとひねりながら、貝を全て取り出す。

成功するとちょっと嬉しいですよね(笑





クリームチーズの西京漬け。

和ます 西京チーズ

味噌の風味と甘さ。クリームチーズのフレーバー。

西京漬けになってる!

これに日本酒合わせると発酵食品の三重奏。

合わないはずがありません。





刺し盛りどーん!

和ます 刺し盛り
※3人分。

この中では、鰆のたたき・貝柱・飛魚が特に良かったです。





出汁巻き。

和ます だし巻き

キレイな色だなぁ。

自宅で巻くと、いつも焦げ目が付いちゃうんですよねぇ。





この日の一番!

タケノコの煮物!

和ます たけのこ

甘辛い煮汁を煮詰めた感じで、味が染み込んで旨い!





この日はコースではなく単品でしたので、各自好きなものを注文。

和ます かき揚げ
※かき揚げ。

和ます 揚げ出し豆腐
※丸い揚げ出し豆腐!

和ます 山菜天ぷら
※山菜の天ぷら。

和ます 牛モツポン酢
※牛もつポン酢。

和ます 蓮根饅頭
※蓮根饅頭。

和ます 牛肉
※ステーキ。

和ます 豚の角煮
※豚の角煮。





そして、その他のお酒。

和ます 持ち込み酒

左2本は福島のお酒。

右端は島根のお酒。





和ます 白蘭

こちらは、三次の白蘭酒造。





いずれの料理もきちんと旨く、自宅からの所要時間考えると、「ねこまたぎ佐伯区役所前店」と同様に、街中じゃなくてここで十分なのではと思わせてくれます。

次回は季節を変えて立ち寄ってみたいな。

ごちそうさまでした!!!

(2017.5)



■お店のデータ
和ます
廿日市市廿日市2-7-17
0829204904
17:00~22:00
定休日:日曜日(祝日の場合は翌日休み)



その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。