2017年03月19日 (日) | Edit |
■今月のお酒
魯山人 純米ひやおろし
賀茂泉 純米吟醸生原酒 立春朝搾り
UMENOYADO LAB. 山乃カミ
白鴻 上等酒
白天龍 純米吟醸
天寶一 純米吟醸 生攻め





さて今月は、1月の遅れを取り戻すかのように6本のレビューをお届けいたします。

この中では、魯山人も良かったんですが、月末に飲んだ天寶一はお値段も安く(一升瓶2,160円)頭一つ抜けた旨さ。

久々のおススメ酒です。

一升瓶が買えたら、グビグビ飲んじゃってください(笑





(評価は、なし~★★★★★。個人の好みで評点を付けています)





魯山人 純米ひやおろし ★★★
醸造元:東山酒造(京都府)

魯山人 瓶

親戚から正月用に、ともらったお酒。

後から聞くと、某百貨店でセール品だったらしく、一升瓶が2,000円くらいだったとのこと。

いい買い物したねぇ(笑

開栓したのは1月の下旬で、飲み干したのは2月の初旬。

さてさてどんな感じだったんでしょうか。

常温保管からの開栓です。





魯山人 ラベル

香りからは、旨味と酸味がありそうなニュアンスが。

含みはまろやかで、まったりとした酒の旨味にピリ辛と酸味。

後口には軽い熟成感も見受けられます。

旨味の余韻は長め。

飲み進めると、加水感とほのかな米感が出てきますね。





喉を通り過ぎる際の抵抗感がないですし、とっても馴染むお酒。

こんなに馴染むお酒は久々でして、飲んだ量のわりには翌朝のダメージがとても少なく済みました。

これ、好きだなぁ。

魯山人 裏ラベル





賀茂泉 純米吟醸生原酒 立春朝搾り ★★
醸造元:賀茂泉酒造(東広島市)

賀茂泉 立春朝搾り29年

毎年恒例の立春朝搾り。

今年のはどんな感じだったんでしょうか、しっかりと冷やしてから開栓してみました。





賀茂泉 立春朝搾り29年 ラベル

ジューシー系の華やかな香り。

含むと、去年よりもジューシーな酒質。

二杯目からは炭酸のプチっと感が出てきて、味わいは甘・旨・酸な展開へ。

クドイとまではいきませんが、冷えてるほうが飲みやすいかもしれません。





開栓から10日経つと、ニュアンスは残ったままで香りが抜けた感じが。

時間を置いたほうが飲みやすくなるのは、昨年と同じ傾向でしょうか。

来年も、楽しみ楽しみ。

賀茂泉 立春朝搾り29年 たすき





UMENOYADO LAB. 山乃カミ ★
醸造元:梅乃宿酒造(奈良県)

梅乃宿 瓶

妻の直感で購入した梅の宿。

12度と低アルなのが気になりましたが、飲んでみなくては分かりませんしね。

ちょっとドキドキしながら、冷蔵庫から出したてを開栓してみました。





梅乃宿 ラベル

薄っすらとした香りの奥に、セメダイン的なニュアンスを発見。

含むと、つるんとした口当たりに、赤い果実のジューシーな甘さと酸味が軽めに効いている感じです。

そこに、僅かなセメダイン系のフレーバーが絡んできて、僕はちょっと苦手かなぁ。





低アルだけど原酒では無いので、加水感が強く、少しだけ良くなった順子(先月掲載)を飲んでいる気分。

今シーズンは、こういうの引き当てること多いなぁ(苦笑

梅乃宿 たすき





白鴻 上等酒 ★★
醸造元:盛川酒造(呉市)

白鴻 上等酒 全景

安芸津からのドライブ帰りに安浦を通ったので、駅近くのゆめマートに入り、地元流通メインと思われる上等酒を購入。

グレード的には普通酒で、糖類は入っていません。

さてさて、どんな感じなんでしょうか。

常温保管から開栓したのは、平成28年10月のことでした。





白鴻 上等酒 ラベル

まずは、穀物の香り。

糠臭さというほうが近いかもしれません。

含むと酸が立っていて、テイストは旨辛。

1,000円を切るお値段を考えると、まずまず旨いのではないでしょうか。





開栓から3ヵ月後。

50度に温めて飲んでみると、何ともいい感じの田舎っぽい熱燗に。

コクがあって、まったりと飲めるのがいいですねぇ。

試しに常温で飲んでみますと、スッキリとしていて飲みやすさもあり。

デイリーユースとして、ぬる燗でチビチビいきたいですね。

白鴻 上等酒 ラベル2





白天龍 純米吟醸 ★★
販売元:白天龍酒造(呉市)

白天龍 純米吟醸

白鴻と同じ呉市のお酒ですが、こちらは音戸大橋を渡る手前にある警固屋の酒蔵。

醸造は既に止められていると聞いています。

あまり目にする事のない銘柄ですが、イオンモール@府中町の大きなお酒売り場で入手。

数年前のアリスガーデンで猪口1杯飲んだだけでしたが、ようやく4合瓶で飲むことができます~





白天龍 ラベル

常温保管から開栓すると、瓶口からは穀物感が。

含むと、アルコールのツンとした香り。

そして、ぺタッとした甘さが続き、後口は辛く、アルコール感が強めに感じられます。

二杯目からはアルコール感が落ち着き、ポワンとした甘さが出てきました。





ドッシリとまでは言いませんが、なかなかボディのあるお酒。

少し飲み疲れるタイプでした。

白天龍 ラベル2





天寶一 純米吟醸 生攻め ★★★★
醸造元:天寶一(福山市)

天寶一 瓶

近所の石川酒店のブログに「かなりおススメ!」的な紹介のされ方をしていたので、一升瓶で購入してみました。

お店でも「美味しいですよ~」と太鼓判。

僕の大好きな「攻め」部分のお酒ですし、これは楽しみではありませんか~

冷蔵庫から出したてを開栓してみました。





天寶一 ラベル2

瓶口からは、なかなか濃厚そうな香りが。

含むと、山田錦100%のお酒らしい香りに、コクとキレが共存。

やばい、いくらでも飲めちゃう(笑

口の中で転がすと、ほのかな甘さが追加され、それを酸がきゅっと締める感じ。

僅かな苦味もいいですね。





天寶一ってそんなに飲んでいないので、昔飲んだ軽い酒質のイメージを引きずっています。

それを思うと、攻め部分ということもあって、確かに濃いですね。

久々のヒット!でした。

天寶一 ラベル





その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。







2011年08月10日 (水) | Edit |
ここしばらく県外蔵のお酒が多かったので、今月は意識して広島のお酒を多めに飲んでみた。

雨後の月・天寶一・美和桜・本州一辺りは、いずれも安心できる旨さ。来月は久々に蓬莱鶴辺りを飲んでみようかな。

(最高評価は★5つで、評価基準は個人の主観です)



ソッガ 純米吟醸美山錦 ★
長野県上高井郡 小布施酒造 720ml 1,680円 大和屋酒舗@中区胡町

本業がワインの小布施ワイナリーが醸す極少量(40石と言う情報もあり)の日本酒。

今までにドメイヌソガ、ソガメールエフィスJ・J1を飲んだことがあって、今回のソッガで4種類目。

昨年の日本酒楽園で飲んだソガペールエフィスJは酸味が勝った甘めの白ワインのようでとても美味かった事を覚えている。



ソッガはどうかと言うと、開栓直後はかなり飲みにくいお酒だった。

木樽様の香りが強いこと、旨みと甘みと酸味の統一感が無く暴れている味だったことがその要因だと思う。

猪口に2口飲んで、バキュバンした後に冷蔵庫に直行。

こんなに飲みにくいお酒は久々だった。



開栓数日後には、香りが落ち着き味にもまとまりが出てきた。

りんごのような甘さが主であり、強めに利いている酸味でもそれは掻き消すことが出来ない。

好みにもよるんだろうけど、僕にはこのお酒は合わなかった。

2011070521560000.jpg 2011070521570000.jpg





麒麟山 純米吟醸辛口 ★
新潟県東蒲原郡 麒麟山酒造 720ml 1,400円位 石川酒店@西区古江西町

普段は濃い口のお酒を好むが、たまには端麗辛口なお酒が飲みたい時もある。

と言うか、実は先日見た「吉田類の酒場放浪記」で吉田類氏が美味そうに飲んでいるのをみて飲みたくなっただけなんだけど(苦笑)。



本来は端麗辛口の切れるお酒だとは思うが、H21BYのため熟成が進んでおり、僕の苦手な熟成香がするお酒だった。

キンキンに冷えた状態か50度の燗であれば何とか飲めたが、それ以外の温度帯では僕には飲めない。

熟成酒がお好きな方もいるので、あくまでも個人的に「ダメ」と言う事で。

2011070619120000.jpg 2011070619120001.jpg




金冠黒松 純米 ★★
山口県岩国市 村重酒造 720ml 1,208円 石川酒店@西区古江西町

岩国市には何気に酒蔵が多くあって、今回飲んだ金冠黒松の村重酒造や五橋の酒井酒造、雁木の八百新酒造、獺祭の旭酒造など、名の知れている蔵がある。

五橋と雁木を飲む機会はそこそこある。

獺祭は、もちろん何度か飲んだ事はあるが、あえて飲もうとは思わない。

とても綺麗なお酒だとは思うが、綺麗過ぎて口に合わないからだ。



金冠黒松は今までに一度だけ飲んだことがある。

幟町にあるワインショップ「グランヴァン」と村重酒造がコラボして造った金冠黒松の大吟醸を買い求めたのがその時だった。

飲み口はきれい目で甘みと酸味のバランスが良いお酒だったと記憶している。



今回は、それ以来2度目。

家に帰ったら買ってあったので飲んでみた。

開栓直後は一瞬「アル添か?」と思うような香りだったが、それはすぐに落ち着いた。

りんご蜜のようなグッとした甘みが舌を支配したかと思えば、後乗りでやってきた酸味がそれを全てかき消す。

酸味の強いお酒だ。

開栓2日目には酸味が落ち着き、純米酒らしい旨みと苦味を楽しむことができた。

総じて悪くはないと思う。

2011071521210000.jpg 2011071521210001.jpg





雨後の月 吟醸純米酒 ★★
広島県呉市 相原酒造 720ml 1,323円 ユアーズ高須店@西区庚午北

日曜日に日本酒が飲みたいと思っても酒屋が閉まっていて諦める事が多かったが、ふとユアーズの前を通りかかり、いくつか日本酒が置いてあったのを思い出し入店。

雨後の月・美和桜・瑞冠の中から本酒をチョイス。



猪口に注ぐとふんわりと吟香が香る。

店頭のPOPではフルーティーと称していたかな。

基本辛口のお酒ではあるが、とろんとした甘みを感じる。

切れは良くないので、僕には少しベタッとする感じを受けた。

あえて言えば、桃や柿のような甘みなのかなぁ。



飲み進めていくと幾分か味わいが変化し、バニラのようなフレーバーが強くなった。

食中酒だと難しい面があるお酒だと思うが、晩酌でちまちま摘みながら飲むのには良いかもしれない。

2011071721080000.jpg 2011071721090000.jpg





天寶一 純米吟醸 赤磐雄町 ★★★
福山市神辺町 株式会社天寶一 720ml 1,500円位? 大和屋酒舗@中区胡町

元々濃い口のお酒が好きな性分なので、賀茂金秀とか天寶一を飲む事は、ほとんどなかった。

でも最近好みが変わってきたのか、飲み飽きたのかは分からないが、先の2銘柄のようにスッキリしていながらも程々に味が乗っているお酒も良いものだと思うようになってきた。

そこで大和屋で購入したのが本酒だ。



つるんとした喉越しのイメージを持っていたが、本酒はするっと入ってきて適度な苦味が味を引き締めてくれる。

旨いなぁ。

香りと言い旨みと言い、品良くまとめられている。

さすがの一本。食中酒にはピッタリの印象。

2011071921590000.jpg 2011071921590001.jpg





美和桜 純米吟醸 ★★★
三次市三和町 美和桜酒造 720ml 1,800円 ユアーズ@西区庚午北

先に登場した雨後の月に続いてユアーズで購入。

4合瓶で1,800円はちょっと勇気がいる価格だが、美和桜の看板を信じて購入してみた。



ほんのりとした香り、品の良い旨み。

先に飲んだ天寶一を少し濃くしたような味わいだ。

決定的な違いは余韻に残るポワンとした甘み。

これって、先日ユアーズで買った雨後の月でも感じた余韻だ。

ひょっとして八反錦特有の余韻なのか?



鶏の肩肉の炒め物と合わせてみたが、油をスッと消し去ってくれる相性の良さを感じた。

旨いお酒なんだけど、コストパフォーマンスの悪さが難点か。

2011072221090000.jpg 2011072221090001.jpg




本州一 限定純米酒 ええとこどり ★★★
広島市安芸区 梅田酒造場 1800ml 2,500円 石川酒店@西区古江西町

旭鳳に移られた土居杜氏が作った最後のお酒との説明を石川酒店で受け、僕には珍しく1升瓶で購入。

開栓初日は香りがブンブンで味も濃い。

本州一らしさ満載のお酒。

飲んだ印象としては本州一「気鋭の雫」に近いかな。

2日目、3日目と時間が経つにつれ、香り、味ともに落ち着いてきた。



骨太な旨さは健在だが、その辺りは苦味と上手く競演できていて、決してしつこさは感じない。

来年の本州一はどうなるのか?

そして旭鳳は?

2011072320550000.jpg 2011072320550001.jpg



■家で飲んだ日本酒シリーズ
・2010年10月 11月 12月
・2011年1月 2月 3月 4月 5月 6月 8月 9月 10月


その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。