白目をきれいに
2017年04月25日 (火) | Edit |
-出汐とは違う-





出汐の「東来軒」で食べた肉めしが旨かったので、荒神町の店にもないかなと思い、再訪してみました。

席に座り、メニューの左下にその名を発見。

注文から、提供までは15分程でしょうか。

料理は一人が作っているので、お昼時はゆっくり待ちましょう。





東来軒 肉めし

少し小振りな丼で登場した肉めしは、出汐と比べるまでもなく寂しい見た目。

具材は牛肉・ゴボウ・人参・かまぼこでして、味付けは甘辛テイストでつゆだくです。

たくあん2切れが付いて680円と思うと、具材の少なさが目立っちゃいます。

味自体は悪くないんですけどねぇ。





あ、そうそう。府中町と長束にも東来軒があるとのこと。

調べてみると、どちらにも肉めしがあるようなので、制覇してみたいと思います。

ごちそうさまでした!!

(2017.3)



■東来軒の訪問記
東来軒(2016.7)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。












2017年04月15日 (土) | Edit |
-ここを見つけたのも御縁-





今回訪れたのは、『御縁』という中華料理店。

牛田旭のロータリーに向かう途中、広島銀行の向かい側にお店があります。

御縁 外観

記憶を頼りに牛田の住宅街にある中華料理店(確か万来だったような気が)を目指したんですが、どうやら閉店して喫茶店に変わったみたい。

あららと思い、次の店を探している時に、このお店と出会った訳なんです。





店頭の日替り3種を確認。

御縁 メニュー

中に入ってみると、まだ新しいお店のようでして内装はピカピカ。

客席はテーブル・カウンター・座敷の3種類が用意されています。

御縁 店内





お一人様の僕はカウンターに座り、定番の定食メニューをチェック。

御縁 メニュー2

この日は鶏の唐揚げ気分でしたので、日替りのA:油琳鶏のセット685円を注文してみました。

御縁 油淋鶏定食

出てきた定食は、メインの油琳鶏・スープ・サラダ・漬物・ご飯という内容。





早速、メインに寄ってみましょう。

御縁 油淋鶏

鶏モモ肉をカリッと揚げて、タレと絡めた油琳鶏。

醤油とラー油が勝ち気味のバランスで、甘酸っぱいのがあまり得意ではない僕には、嬉しい味付けです。

量はモモ肉一枚分と思われ、十二分。





スープは定番のガラスープを濃い目で。

サラダはゴマドレ&キャベツで、こちらは良くあるパターン。





とこの辺りで、水餃子2コが「サービスです」と登場しました。

御縁 水餃子

どうやら全てのお客に出しているみたい。

やさしめの皮と味付けで、ありがたく頂戴いたしました。





お値段考えると、味に不足はなく量は多め。

おそらくハズレの少ないお店なんだと思います。





この界隈では唯一の中華料理店だと思いますので、長く続いたらいいですね。

ごちそうさまでした!!

(2017.3)



■お店のデータ
御縁
広島市東区牛田中2-1-21
05035541885
11:00~15:00
17:00~23:00
定休日:不定休


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年04月07日 (金) | Edit |
-もっとハメを外しても-





ハピバスデ、オレ!

と言うことで、予算だけお伝えしてお任せのコース料理を楽しんで参りました。

夜は通常のコース料理しか経験なし。

果たして、どんな感じになるんでしょうか~





前菜盛り合わせ。

恵莉華 前菜

チャーシュー・うなぎ・ゆで海老・蒸し鶏・ピータン・ロマネスコと盛られていて、左上の端に見える器はくらげです。

恵莉華 前菜2

ミシッとして後を引く甘さのチャーシューは、ふわっと八角が香ってなかなかの旨さ。

ゆで海老のマヨネーズや蒸し鶏のグリーンのソースが旨いのも嬉しいなぁ。





春巻き系2品。

恵莉華 春巻き

右は、北京ダックとリンゴを春巻きの皮で包んで揚げた物。

リンゴと豚肉の相性の良さは知っていましたが、北京ダック(肉も付いてる)との相性も良いですね~

後のおこげもサックサク。

左は、牡蠣を食用オブラードで包んで揚げた物。

牡蠣がレア気味で、流石の火入れ。

感心しきりです。





続いてはスープ。

恵莉華 スープ

具材はなかなか豪勢でして、しいたけ・フカひれ・なまこ・くこの実・鶏モモ肉・ごぼう・貝柱・イチヂク・ハム・タツノオトシゴ・大根という布陣です。

スープ自体は濃厚で、生姜と大根の香りが強く甘さもしっかりと。

この甘さはイチヂクから出ているらしく、またまた感心しきり。

「へ~」「ほ~」しかしゃべってないような気も。。。

タツノオトシゴは硬いかもと言われていましたが、ほろっと崩れる骨のような食感でして、残すのもったいないから食べちゃいました(笑





伊勢えびのサツマイモソース。

恵莉華 伊勢海老

ソースの甘さを確認しようと思いひと舐めすると、甘さの中にある唐辛子の辛さと山椒の痺れにビックリするではありませんか。

赤い実はトマトだと思っていたら唐辛子でして、軽い麻辣に意表を突かれてしまいました。





白菜の蒸し物。

恵莉華 蒸し白菜

白菜は、食べるとじゅわっとジュースが溢れて、とてもジューシーな仕上りです。

中には、さっぱりと旨い豆腐の練り物が。

赤いソースはカニ味噌っぽいニュアンスで、これまた旨いなぁ。





肉団子。

恵莉華 肉団子

がっしり揚げた肉団子に甘めのソース。

そして、肉団子の中にはライチが入っていて、これまた驚き。





〆のミニ担担麺。

恵莉華 担々麺


とろみのあるスープはやや温めで、ゴマの香りが強いです。

麺はつるプリの四角麺。

時折顔を出すナッツ、焦がしネギ油?など、素晴らしいバランスだと思います。





デザートはゴマ団子の独壇場。

恵莉華 デザート

揚げ立て熱々。香ばしいゴマ。

品の良い甘さ。濃厚な黒ゴマあん。

単独で食べると旨い杏仁豆腐が霞んでしまいますよ(苦笑





少量とはいえ高級食材を使ってくださったり、定番料理も出してくださったり。

驚きと感心に満ちて、味もボリュームも満足のコースでした。

一つだけ言うとすれば、もっとハメを外した料理を食べてみたいなぁ。

楽しいだろうなぁ。

ごちそうさまでした!!!

(2017.2)



■恵莉華の訪問記
恵莉華(2013.12)
恵莉華2(2014.1)
恵莉華3(2014.5)
恵莉華4(2015.1)
恵莉華5(2017.1)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年03月21日 (火) | Edit |
-メインよりもサブ-





今回訪れたのは、東蟹屋にある『金満園』という中国料理店。

光町の「笑吉」や「槇の実」の臨休・定休に当たってしまい、東に流れての訪問です。





お店の場所は、広島駅裏を通るメイン道路沿い。

先日訪れた刀削麺の「唐家」よりも府中町に寄った所で営業しています。

金満園 外観





30名は入れそうなお店でして、テーブル5卓・カウンター4席・座敷2卓という構成。

ちなみに、お手洗いは外にあるのでご留意ください。

金満園 店内

お店の切り盛りは、男女2名で。





メニューです。

金満園 定食メニュー

金満園 麺類のセット

麺類やご飯物の単品もありますけど、折角来たんだから定食を食べときましょ。





注文したのは麻婆豆腐定食でして、お値段は780円(税込)。

さてさて、どんな感じだったんでしょうか。





注文から10分程度で登場した定食がこちら。

金満園 麻婆豆腐定食

内容は、麻婆豆腐・多めに盛られた白ご飯・卵スープ・揚物2種・サラダ・キムチ。





まずは麻婆豆腐に寄ってみましょう。

金満園 麻婆豆腐

見た感じ本場感は乏しく、日本人向けな麻婆のビジュアル。

実際に食べてみても定番的な味わいの麻婆豆腐でして、街場の中華料理屋さんで出てくるようなタイプです。

多めのニンニク、強めに付いたとろみ、五香粉由来と思われる八角の香りが特徴なのかな。

熱々でピリッと辛く、おかず力に不足はありません。





続いて揚物。

金満園 揚げ物

鶏の唐揚げはモモ肉で揚げ立て熱々。

わりとジューシーな仕上りでして、麻婆よりもこちらの方が旨いと思います。

春巻きは皮がボソッとしたタイプ。





卵スープも定番的な旨さでした。

金満園 卵スープ






ご飯お代わり自由でおかずのボリュームも多め。

780円はそう高く感じない設定です。

お得感のある夜のセットや小皿メニューもありますし、この辺りで中華食べたくなったときは選択肢の一つになるかなと。

金満園 夜のセットメニュー

金満園 小皿メニュー





何気に麻辣湯があったので、次回は狙ってみようと思います。

ごちそうさまでした!!

(2017.2)



■お店のデータ
金満園
広島市東区東蟹屋町4-2
0822631238
11:00~14:00
17:30~22:00
定休日:日曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年03月09日 (木) | Edit |
-これ、好き-





今回訪れたのは、広大病院近くにある『東来軒』という中国料理店。

勤め先から少々遠いんですが、行ってみると食事+往復で50分で行けちゃいました。

これで、広島駅裏・牛田と共に段原・出汐界隈の開拓も出来そう。

良かった良かった(笑





お店の場所は、段原を南北に貫く大通り沿い。

国道2号線近くまで行くと、お店が見えてきます。

東来軒 外観

1階は良くある中国料理店ですが、2階・3階は宴会場。

なかなか大きなお店なんですね。





中に入ると、がらんとした空間に4人用のテーブル席が10以上あって、奥には調理場が。

東来軒 店内





お昼に適していそうなメニューです。

東来軒 メニュー2

東来軒 メニュー

改めてみてみると、麺類にうどんがあったり、定食にステーキやハンバーグがあったり。

中華料理メインの大衆レストラン的な品揃えなんですね。





注文したのは、名物と称する肉めし。

セットがあるのは気付かなかったので、単品での注文です。

東来軒 肉めし 全景

出てきたのは、肉めし・漬物・卵・ロールケーキ。





早速メインの肉めしに寄ってみましょう。

東来軒 肉めし

ごろっとした大きさの根菜類とすじ肉が具材で、この時点ではご飯は見えません。

早速いただいてみると、根菜類は柔らかく煮込まれていて、すじ肉は固い部分もあり。

甘辛傾向の味付けですが、思ったほど濃くなく、これ結構好きです。





一緒に出ていた卵が生か茹でか分からないので、慎重に割ってみますと、生でした。

危ない危ない(苦笑

肉めしの上に落としてみると、真ん中から滑り落ちて、端っこに。

東来軒 肉めし 生卵

あれは確か、すき家での出来事だったでしょうか。

滑り落ちた卵が丼から外に向かってダイブしたのは(笑

卵を絡めながら食べると、コクが加わってこれもまた旨い。

合間に漬物を食べながら、無心でわしわし食べ進め、一気に完食です。





食後にはロールケーキをいただいて、お口直し。

東来軒 ロールケーキ

これで600円とは、嬉しい内容ではありませんか~

そして、食後3時間経過しても、喉の乾きはたいしたことないのもいいですね。





あ、そうそう。

広島駅前にも「東来軒」ってありますけど、何か関係があるんでしょうかね。





他の料理も食べてみたいので、機会を作って再訪したいと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2017.1)



■お店のデータ
東来軒
広島市南区出汐1-17-1
0822547200
11:00~23:00
定休日:水曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。