白目をきれいに
2017年01月08日 (日) | Edit |
日本酒名の入った琺瑯看板。

趣味で集めていたり骨董屋にあったりしますが、それ以外の看板やビニルテントは保存されていないように思います。

建物がなくなると、その存在も消える。

そんな儚い看板類を集めた記事。

第八弾です。





城基@呉市阿賀中央

城基 看板

城基は、阿賀北にあった城基酒造の銘柄。廃業年は不明です。蔵があった場所は、月極駐車場になっています。城基の琺瑯看板の画像はネットで見かけることがありますが、店舗看板は初めて見ました。休山トンネル方面と呉越峠方面の分かれ道の脇にある、廃業した酒販店に華鳩と並んで記載がありました。





一勝@呉市広本町

一勝 看板

一勝の写真は、以前「ばか安@基町」のものを掲載しましたが、広の「さぬき」という食堂の看板が素敵だったので再掲載いたします。

「一勝を 一升飲んだ 其の味は 一生忘れぬ 一勝の味」





いい看板に出会えたら、記事をアップいたします。



その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。










2016年12月20日 (火) | Edit |
日本酒名の入った琺瑯看板。

趣味で集めていたり骨董屋にあったりしますが、それ以外の看板やビニルテントは保存されてないように思います。

建物がなくなると、その存在も消える。

そんな儚い看板類を集めた記事。

第七弾です。





金泉@東広島市安芸津町

金泉 看板

安芸津の藤三を過ぎてすぐ見つけた看板。3つの蔵が併記されてるのが面白いかなと。金泉は安芸津にあった堀本酒造のお酒でしたが、廃業される際、相原酒造が引き継いだと認識しています。もちろん今も造っていますが、この看板は安芸津時代の金泉ということなんでしょう。





三谷春@光町

三谷春 看板

三谷春は倉橋の室尾のお酒でして、年に一度位ですが蔵まで行ってお酒買ってます。この度、新たに杜氏を向かい入れたそうでして、これは造り続ける気満々ということで良いのでしょうか。なお、広島市内に看板があるのは珍しいので、撮影してみました。





いい看板に出会えたら、またアップしますね。





その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。