白目をきれいに
2017年10月17日 (火) | Edit |
-微調整-





あいにくの雨ですが、10分と歩かずに行ける距離に『二代目もんごい広島駅前店』があるのは、とても喜ばしい事です。





さて、ラーメンを食べるのは2週間ぶり。

ここはひとつ、初訪時(2010年)に食べて以来の「えび塩」、いってみましょうかね。

もんごい えび塩らーめん

丼からは、海老の香りがふんわりと。

スープに散った赤い油は、ラー油ではなく海老油なんでしょう。

具材は、チャーシュー・白ねぎ・メンマ・海苔。





塩の旨味、後から感じられる貝類らしき旨味。

以前よりもまとまりがあって、ぼんやりしていないスープ。

これはなかなか旨いのではないでしょうか。

麺は固めでの提供。

このスープには、ちょっと固いくらいが良いのかも。





以前とは作り手が違うこともあるんでしょうけど、微調整の結果か、旨くなっているように感じました。





次回は、汁なし担担麺などの未食メニューを食べてみましょう。

ごちそうさまでした!!

(2017.9)



■二代目もんごい広島駅前店の訪問記
二代目もんごい広島駅前店(2010.4)
二代目もんごい広島駅前店2(2010.7)
二代目もんごい広島駅前店3(2010.11)
二代目もんごい広島駅前店4(2011.6)
二代目もんごい広島駅前店5(2011.11)
二代目もんごい広島駅前店6(2016.9)
二代目もんごい広島駅前店7(2017.1)
二代目もんごい広島駅前店8(2017.7)


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年10月03日 (火) | Edit |
-カムバック-





以前より噂には聞いておりました。

初代もんごいの店主(正確には、ねぶかラーメンMONGOIの店長?)が東広島で店を構えたと。

そこは「サーレ・エ・ペペ」というイタリア料理店でして「ラーメンじゃないんか~い!」と一人突っ込みを入れたのは、今から1年半ほど前の事だったでしょうか。

そして、昼だけラーメンの提供を始めたとの情報も。

この度の盆休みを利用してようやくの訪問ですが、さてさて、どんなラーメンが出てくるんでしょうか。





お店の場所は、広島大学の北側。

メインの通りからは1本入っていますので、見つけにくいかもしれません。

健美堂 外観

幟旗やメニューがなければ、ラーメン屋さんがあるとは気付かない外観。

それもそのはずで、店自体は通路を進んだ奥にあるわけです。

健美堂 入口

健美堂 看板





店内は木を多用した作りで、僕たちが座ったカウンターも何だかオシャレ。

健美堂 店内

健美堂 カウンター





メニューです。

健美堂 メニュー

健美堂 メニュー2

これら以外にも期間限定ラーメンがリリースされていました。

健美堂 メニュー3

健美堂 メニュー4





「初めての店に来たらノーマルメニューよね」と分かっていたものの、辛いメニューをみたら心が動いてしまいました。

僕は赤金柳麺を激辛で注文。

妻は、白金豚骨塩柳麺に白ねぎとスプラウトにんにくをトッピング。





まずは僕のほうから。

健美堂 赤金柳麺

真っ赤なスープに赤黒い麻婆豆腐が乗り、生ニラと白ねぎが彩りをプラス。

どろりとしたスープは力強いベースに支えられているニュアンスはあるものの、辛いので詳細が判別できず。

とは言え、セブンイレブンで販売されている「蒙古タンメン中本」ほど辛くありません。

そして、食べ進めているとスープの中に溶き卵を発見。

酸味も感じたので酸辣湯麺っぽさも出しているのかも。





麺は、ひねりの入った太麺。

健美堂 赤金柳麺の麺

ぷりっとしていなかったので、加水はそんなに高くないのかなと感じました。





白ご飯があればスープまでしっかりと楽しめるんですが、この日は少し遅い昼食だったので、我慢してしまいました。

もったいなかったかなぁ(苦笑





妻が頼んだ豚骨。

健美堂 白金豚骨塩柳麺

これは見るからに旨そうなオーラが出ています。

さらりと入ってくるスープ。

豚骨の旨味と香りは上品で、ほんのりと甘味もあり。

これは旨いですよ。

「YOBIMODOSHI(呼び戻し)」というテールネームが付いていたので、もっとコッテリかなと思いきや、旨味とキレが共存するスープに驚きました。

麺は、赤金と共通の太麺。

豚骨と太麺でも全く違和感ないですね。





あ、そうそう。

テボから麺を取り出す時に、箸ではなくパスタ用のトングが使われていました。

イタリア料理店が出すラーメンなので、そういう使い方もありですね(笑





牛骨やしじみもすぐにでも食べてみたい。

そう思えるお店に出会えて嬉しいお盆休みでした。

ごちそうさまでした!!!

(2017.8)



■お店のデータ
健美堂
東広島市西条下見6-11-8
0824307775
11:00~15:00
定休日:毎週水曜日


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年09月21日 (木) | Edit |
-戦略的な温度-





焦げるような日差しの中、たどり着いた『もんごい』。

そろそろ、夏限定の冷やしメニューが出てないかな、と思いまして。





今回の限定は、冷やし担担麺か~

ちょっと意外な感じもしましたけど、とりあえず食べてみましょう。

もんごい駅前 冷やし担々麺

赤いラー油と白いゴマだれが散ったスープ。

いつもの細麺に青ねぎ・ひき肉・糸唐辛子。

ネギの下にはもやしが隠れています。





ぬるめのスープはゴマ風味が立ち、酢の酸味と唐辛子の辛さも前に出ている感じ。

キーンと冷えたのもいいんですが、常温よりも少し冷えたくらいのほうが、味が分かりやすいですね。





お好みで、と置いていかれた酢とラー油。

もんごい駅前 味変

酢をひと回しすると、さっぱり感アップ。

ラー油は清清しさを感じる辛さ。

狂辛魚介麺」で感じた辛さと傾向が近い気がしますが、いかがでしょうか。





麺を食べ終えたら、スープカレーの要領で白ご飯を楽しみ、汁を完飲。

辛さが印象的な一杯でした。





次の限定が出る前に、ベーシックなメニューを食べて。おきたいな。

ごちそうさまでした!!

(2017.7)



二代目もんごい広島駅前店(2010.4)
二代目もんごい広島駅前店2(2010.7)
二代目もんごい広島駅前店3(2010.11)
二代目もんごい広島駅前店4(2011.6)
二代目もんごい広島駅前店5(2011.11)
二代目もんごい広島駅前店6(2016.9)
二代目もんごい広島駅前店7(2017.1)
二代目もんごい広島駅前店9(2017.9)


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






2017年09月16日 (土) | Edit |
-面影あり-





ここ1年ほど停滞していた夜専ラーメン店の開拓。

久々に新規訪問できました~





今回訪れたのは、銀山町にある『○』。

高須の店で食べた記憶がある内に、ちょいと比べてみようと思いまして。

◯ 外観

店の前まで来て、何だか見覚えがあるなぁと思ったら、「ふうらい房」が入ってるビルじゃありませんか!

それは見覚えあるはずだわ(笑





店内には赤いカウンター席のみで、10名ほどが座れるでしょうか。

◯ 店内

お店の切り盛りは、ご夫婦と思われる男女2名で。





お腹に余裕がなかったので、注文は中華そばのみ。

◯ 中華そば

厚い油膜に茶濁スープ。

チャーシューの大きさやもやしの盛り方など、見た感じ高須の店に近い印象です。

ラードの味わいや元ダレも高須っぽい。

ベースは比べるとライトで、課長さんがカバーしている印象を受けます。





麺はあまり記憶にないので比較せず。

細めで固めは広島のスタンダードなのかなと。

◯ 中華そば 麺





舟入や久地の店にも機会を作って行ってみなきゃいけませんね。

ごちそうさまでした!!

(2017.7)



■お店のデータ
○ぶつだん通りの店
広島市中区銀山町11-12
0825460727
営業時間:未確認
定休日:日曜日?


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年09月02日 (土) | Edit |
-どこかで出会ったね-





前回は台湾まぜそばを食べたので、今回は昔ながらの中華そばを。

やまひで メニュー

やまひで 昔ながらの中華そば

やまひで ラーメン丼

切立タイプのラーメン丼に、茶色く透明感のあるスープ・大判の炙りチャーシュー・太いメンマ・小口切りのねぎ。

丼から立ち上がってくるのは鰹の香り。

さてさて、どんなラーメンなんでしょうか。





スープは香り同様に鰹が主張していて、ぽってりとした甘さが強く感じられます。

表面の油は何だろう?





麺は黄色い縮れ麺。

やまひで 中華そば 麺

むにっとつるっとしていて、風味は強め。

油とよく絡む麺でして、油っぽい印象が強くなりますかね。





そんな中、油をカバーするねぎの存在が際立ちます。

ほろっとしたチャーシューはきちんと旨いし、メンマも変な味が付いてない。

どこかで食べた感じは否めないものの、総じてまずまず旨いのではないでしょうか。





単品780円というお値段は流石にお高く、お代わり可能な無料ご飯をつけて、ようやく納得感が出る水準です。

他のメニューも同じ位しますけど、油そばだけは単品700円と少しお安め。

次回は、そちらを試してみようかな。

ごちそうさまでした!!

(2017.7)



■やまひでの訪問記
やまひで(2016.12)


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。