白目をきれいに
2017年04月14日 (金) | Edit |
-その名の通り-





今回訪れたのは、段原に新しくオープンしたラーメン店『煮干しと豚』。

聞くところによると、「二代目もんごい」がセカンドブランドとして出したお店なんだそうです。

さてさて、どんな感じなんでしょうか~





お店の場所は、段原を南北に貫く大通り沿い。

比治山トンネルとの交差点近くにお店があります。

煮干しと豚 外観





お店自体は小さく、客席はカウンターに10席程。

12時15分頃の訪問でしたが、空席は1つだけで、僕よりも後のお客は少し待っていたみたいです。

お店の切り盛りは男女2名で。

「二代目もんごい」の社長自ら調理場に立ち、ラーメンを提供しています。





メニューです。

こちらは写真付き。

煮干しと豚 メニュー

トッピングが記載されたものはカウンターに掲示されています。

煮干しと豚 メニュー2





2種類のラーメンから選んだのは、にぼぶた塩。

せっかく来たんですから、煮干たっぷりのラーメンを食べようかなと思いまして。





煮干しと豚 にぼぶた塩

出てきたラーメンはスープ表面に張った膜と、きれいな盛り付けが印象的です。

鶏と豚の2種類のチャーシュー、小松菜、きくらげ、あおさのり。

粗挽きの黒胡椒もかかっていて、ちょっと期待のビジュアルですね。





まずはスープから。

煮干しがしっかり感じられるスープで、豚の存在感はそこそこな印象です。

麺は特筆する点ありませんけど、他店舗でも使っている三田製麺所のものかな。

煮干しと豚 麺

すすると、煮干しと塩気がクローズアップされ、なかなか旨いではありませんか。





しっとり仕上げた鶏胸肉のチャーシューもいいですし、あおさの風味も意外と合っている印象。

後半になると豚の重さを感じ始め、これは年齢的なものではなく、僕のコンディションの問題ということにしておきましょうかね(苦笑





ご飯コーナーをパチリと。

煮干しと豚 ご飯の漬物

白ご飯は100円でお代わり可能。

漬物もご自由にという設定は、「骨々亭」を思い出します。





なかなか惹きのあるラーメンでした。

もう1種類は、ピリ辛豚骨で細麺ではなさそうなので、次回はそちらを食べてみなくては。

ごちそうさまでした!!!

(2017.3)



■お店のデータ
煮干しと豚
広島市南区段原2-14-8
電話番号:未確認
11:30~?
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年04月13日 (木) | Edit |
-ご飯もの優勢か-





今回訪れたのは、本通商店街にある『川口商店』。

こちらは呉市音戸町の網元で、自ら漁&加工した、音戸ちりめんやいりこを店頭で販売しています。

川口商店 外観

店内にはイートインスペースを備えていて、ちりめんを使ったパスタやご飯物、牡蠣飯などを提供。

時期が合えば、生シラスも食べられるそうです。





今回の狙いは、店頭に大きく横書きされた煮干しラーメン。

網元が作る訳ですから煮干し感に期待したいところですが、お値段の安さ(450円)も気になりますよね。

果たしてどんな感じなんでしょうか~





川口商店 煮干しラーメン

出てきたラーメンは表面に油が浮き、醤油ラーメンと思しきビジュアル。

具材はメンマ・なると・もやし・海苔・青ねぎ・ゆで卵と、なかなかの盛り込み具合です。





早速スープをいただいてみると、煮干し感は少なめで旨みは強め。

そして、後口にほんのりと甘さが感じられます。

うどんツユ的なスープではなく、しっかりとしたラーメンのスープ。

山口県の「たちばなや」「大島」、流川にある「春晴」とは違う路線の煮干しラーメンです。





麺は細めで、特筆する点はありません。

川口商店 煮干しラーメン 麺





セットのおむすび。

川口商店 おむすび

上からちりめんやワカメが掛けられたおむすびは、海苔の歯切れが良く、まずまず旨いのではないでしょうか。





客席はカウンターがメインで、奥にテーブルが2卓ほど。

12時20分頃には満席となり、ご飯物が売り切れていましたので、早い時間の訪問が無難かもしれません。

音戸ちりめんも300円程度とお安く購入できますので、一度立ち寄ってみると良いと思います。

ごちそうさまでした!!

(2017.3)



■お店のデータ
川口商店
広島市中区本通8-31
0825047553
ランチ11:00~?
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年04月03日 (月) | Edit |
-よくも悪くも支配的-





東区曙にある『田(でん)』というラーメン屋に行ってきました。

お店の場所は、先日訪れたホルモン天ぷらの「史(ちかし)」付近。

あけぼの通りのサンクスを目印にすると良いと思います。

田 外観





店内には白いL型カウンターが用意されていて、席数は10席少々。

お店の切り盛りは、男女2名です。





メニューは撮影し忘れ。

ラーメン等の単品に加えて定食もあったので、注文したのは醤油ラーメンと炒飯の小で750円。

ラーメンとご飯物の組み合わせは、ラーメンが醤油・塩・あっさり醤油、ご飯物が炒飯小・高菜ご飯・じゃこ飯で合計9種類です。





炒飯は男性の担当。

炊飯器から中華なべにご飯を移し、手際よく長めに炒めていきます。

その横では、女性がラーメンを準備。

機械でうぃーんと湯切りし、出てきたラーメンがこちらです。

田 醤油ラーメン

丼がいいですね~

赤・青・黄の渦巻き模様、好きなんですよ。





スープは濃い茶色。

豚バラをロールにしたチャーシュー2枚・メンマ・青ねぎ・揚げ玉ねぎが具材として鎮座しております。

そして、上からは粗挽き黒胡椒も。





飲むとほんのり後口に甘さがあり、元ダレは濃い目です。

思いのほか揚げ玉ねぎが効いていて、まるで詳細をかき消すかの如く。

田 揚げ玉ねぎ

ちなみに麺は、中細の丸麺をやや硬めでの提供です。





炒飯。

田 炒飯小

適度にパラパラで、味わいは確かに炒飯。

できたて熱々が旨くないはずありません。





麺・炒飯・スープと三角食いをしていると、スープに味わい慣れない風味を感じました。

友人曰く、アゴ出汁とのことですが、アゴ出汁の経験が少ないので僕には判別できなかったりして(苦笑





味も雰囲気も懐かさのあるお店。

黒酢入り塩ラーメン辺りが気になるので、再訪の機会を設けてみたいと思います。

ごちそうさまでした!!

(2017.2)



■お店のデータ

広島市東区曙2-7-2
0822619000
11:30~22:00
※訪問時は13時30頃に暖簾を片付けていました。中休みあるのかもしれません。
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年03月28日 (火) | Edit |
-玉家と同じ系列らしい-





今回訪れたのは、富士見町に新しく出来た『万丈(ばんじょう)』というラーメン屋さん。

お店の場所は地蔵通り沿いで、以前「ばくだん屋」があった場所で営業されています。

万丈 外観





客席はカウンター5席とテーブル3卓が用意されていて、店の切り盛りは男女3名で。

店内の雰囲気は、「ばくだん屋」がダークカラーを多用していたのに対して、こちらは明るいカラーなんですね。

万丈 店内





メニューです。

万丈 メニュー

万丈 メニュー2

広島ラーメンは友人の感想を聞いていたので、今回は味噌ラーメンを注文。

煮卵付きとは言え800円はお高い印象ですが、果たしてどんな感じなんでしょうか。





万丈 味噌ラーメン

出てきたラーメンは、煮卵・コーン・青ねぎの色合いがきれいで、なかなか旨そうではありませんか。

その他の具材は、チャーシュー・ひき肉・キャベツ・海苔という布陣。





早速スープをいただいてみると、少しのとろみに味噌のざらつき、後を引く酸味が印象的なスープです。

味噌といえば「ピリ辛」みたいな向きもありますが、こちらでは不採用。

それはそれで良いと思います。





麺は中細の丸麺。

万丈 味噌ラーメンの麺

すすり上げると、味噌の風味がふわっと感じられて旨いですね。

ちなみに、麺の箱には原田製麺と書いてありました。





錦糸卵が乗っているという広島ラーメン、次回は食べてみようかな。

ごちそうさまでした!!

(2017.2)



■お店のデータ
万丈
広島市中区富士見町6-12
0822445755
営業時間:未確認
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年03月22日 (水) | Edit |
-人も麺もやおい-





半チャン&新店開拓気分の日のためにとっておいた『めん喰』に行ってきました。

お店の場所は、東区役所の裏。

線路を挟んだ向こう側には、カープの屋内練習場が見えます。

めん喰 外観
※駐車場は、道路向かいの新幹線高架下に数台あり。





店内にはカウンターのみで10席程が用意されていて、少しお年を召された男女2名で店を切り盛りされています。

めん喰 店内





メニューです。

めん喰 メニュー

ラーメンとチャーハンのみのシンプルなメニュー構成でして、トッピングにチャーシューとキムチがあるくらい。

注文したのは、もちろん半チャンラーメンです。





まずは作り置きのチャーハンを中華鍋で温め、同時に麺茹で開始。

カンカン!と響く鉄の音、ぎゅいーんと鳴る湯切りの機械音。

そういう工程を経て、半チャンラーメンは完成に至ります。

めん喰 ラーメン





ラーメンは、分厚い油膜の下に白濁したスープが見え、チャーシュー・きくらげ・青ねぎ・もやしが具材として鎮座。

早速一口いただいてみると、ライトに振れた豚骨スープですが、課長さんもそれなりに効いており、食後の喉の渇きが想像できます。





麺は、細麺で柔らかめ。

めん喰 ラーメンの麺

特に違和感はありませんし、この茹で加減のほうが良かったりするのかもしれません。





チャーハン。

めん喰 半チャーハン

チャーハンというよりも焼き飯的。

どう違うのかと言われても困るんですが、一口食べて「焼き飯!」と感じたわけなんですよ、はい。





朗らかなお二人が営む、小さなラーメン屋さん。

外観には店の名前がなく、ともすれば入りにくい雰囲気ですが、中に入るとお二人が温かく出迎えてくれます。

今度はキムチ乗せてみようかな。

そんなことを思いながら、勤め先に戻ることといたしました。

ごちそうさまでした!!

(2017.2)



■お店のデータ
めん喰
広島市東区東蟹屋町19-14
0822644778
11:00~15:00
定休日:日・祝


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。