白目をきれいに
2017年06月14日 (水) | Edit |
ー現状に満足しないー





5年振りに中広の『紺屋』に行ってきました。

実は狙っていた店が2つともGW休みに入っており、中区から流れての訪問となります。

紺屋 のれん





中に入ると、期間限定のカレーラーメンの告知が!

紺屋 カレーラーメンのメニュー

塩か醤油と思っていたのに、これは翻意せざるを得ませんよね(笑





紺屋 カレーラーメン

出てきたカレーラーメンは、麺と具材がギュッと盛り込まれた印象。

確認できる具材は生の玉ねぎ・青ねぎ・トマト・チャーシュー・ゆで卵・きくらげ。人参。

ここまで具沢山じゃなくてもいいかな(笑





早速ひと口いただいてみると、スパイス感・苦味・甘さなど、色々な味が複雑に感じられるスープで、油脂は少なくさらりとしています。

食べてみて気付きましたが、スープの中に、火の通った玉ねぎと牛肉も入ってました。





麺はつるりとした四角麺。

紺屋 カレーラーメンの麺

食べ進めると舌に辛さが蓄積し、終盤は程よい辛さに。

僕の好みを外れるカレーでしたが、カレーラーメンとしてはなかなか旨いと思います。





妻が頼んだ醤油ラーメン。

紺屋 醤油ラーメン

昔の記憶は、ライトなスープにぽってりと甘い醤油。

今回食べたのはコクも甘さもありますが、明らかにバランスが変わっています。

そして酸味が効いていて、とても惹きのある一杯でした。

話には聞いていましたが、この醤油ラーメン、好きだなぁ。





根強いファンがいる味を変える勇気。

きっと賛否両論あるでしょうけど、その姿勢は応援したくなりますよね。

ごちそうさまでした!!!

(2017.5)



■紺屋の訪問記
紺屋(2011.11)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








2017年06月09日 (金) | Edit |
-久し振りのラーメン遠征-





某界隈で旨いと評判の『山創(さんそう)』に行って来ました。

お店があるのは、自宅から1時間ほど車を走らせた安芸区阿戸町。

東広島に抜ける道沿いにお店があります。

山創 外観2
※入口側。

山創 外観
※駐車場側。





店内にはカウンター席のみで10席程。

山創 店内

勝手に抱いていたイメージよりも随分お若いお二人が店を切り盛りしています。

こちらは人気店のようでして、12時直前の入店時には前客2のみでしたが、続々と来店され、帰る頃には待ちが出ているほど。

訪問の際はご留意ください。





メニューです。

山創 メニュー

海老そばが旨そうですけど、この日は気分じゃなかったので、うま辛ラーメンとライスを注文。

妻は中華そばとおでんを。





山創 うま辛ラーメン

出てきたラーメンは、小さめの丼にぎっしり盛り込まれた感じ。

具材は、チャーシュー・もやし・キャベツ・青ねぎ。

鮮やかな青ねぎが目を惹きますね。

スープはベースの強さを感じるし、ラー油が多く使われていますが、油っぽさやくどさは皆無。

思ったよりもあっさりと感じられます。

山創 スープ





ちょっと一口、とお願いして飲ませてもらった中華そばのスープ。

山創 中華そば

うま辛で感じたベースの印象そのままでして、これは元ダレの味が弱いことと課長さんを使っていないことに起因しているのかなと。

味付けは醤油じゃなくて塩なのかなと思うくらいで、僕たち夫婦の好みから言うと、もう少し味付けが欲しいかなと感じました。

とは言え、気合の入ったベースのスープ、旨いと思います。





麺は細めで、ザクッとムニッと。

山創 麺

見た目は「骨々亭」の辛いラーメンに似ていますが、比べるとこちらのほうはあっさり路線です。





ご飯は高菜付き。

山創 ごはん

思ったよりも量が多くて、満腹になり過ぎたりして(苦笑





なかなか訪れる事のない立地ですが、お好きな方は一度食べておかれてはと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2017.4)



■お店のデータ
山創
広島市安芸区阿戸町2167
08047820661
11:00~14:30
17:00~21:00
定休日:日曜日・水曜日の夜


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年04月14日 (金) | Edit |
-その名の通り-





今回訪れたのは、段原に新しくオープンしたラーメン店『煮干しと豚』。

聞くところによると、「二代目もんごい」がセカンドブランドとして出したお店なんだそうです。

さてさて、どんな感じなんでしょうか~





お店の場所は、段原を南北に貫く大通り沿い。

比治山トンネルとの交差点近くにお店があります。

煮干しと豚 外観





お店自体は小さく、客席はカウンターに10席程。

12時15分頃の訪問でしたが、空席は1つだけで、僕よりも後のお客は少し待っていたみたいです。

お店の切り盛りは男女2名で。

「二代目もんごい」の社長自ら調理場に立ち、ラーメンを提供しています。





メニューです。

こちらは写真付き。

煮干しと豚 メニュー

トッピングが記載されたものはカウンターに掲示されています。

煮干しと豚 メニュー2





2種類のラーメンから選んだのは、にぼぶた塩。

せっかく来たんですから、煮干たっぷりのラーメンを食べようかなと思いまして。





煮干しと豚 にぼぶた塩

出てきたラーメンはスープ表面に張った膜と、きれいな盛り付けが印象的です。

鶏と豚の2種類のチャーシュー、小松菜、きくらげ、あおさのり。

粗挽きの黒胡椒もかかっていて、ちょっと期待のビジュアルですね。





まずはスープから。

煮干しがしっかり感じられるスープで、豚の存在感はそこそこな印象です。

麺は特筆する点ありませんけど、他店舗でも使っている三田製麺所のものかな。

煮干しと豚 麺

すすると、煮干しと塩気がクローズアップされ、なかなか旨いではありませんか。





しっとり仕上げた鶏胸肉のチャーシューもいいですし、あおさの風味も意外と合っている印象。

後半になると豚の重さを感じ始め、これは年齢的なものではなく、僕のコンディションの問題ということにしておきましょうかね(苦笑





ご飯コーナーをパチリと。

煮干しと豚 ご飯の漬物

白ご飯は100円でお代わり可能。

漬物もご自由にという設定は、「骨々亭」を思い出します。





なかなか惹きのあるラーメンでした。

もう1種類は、ピリ辛豚骨で細麺ではなさそうなので、次回はそちらを食べてみなくては。

ごちそうさまでした!!!

(2017.3)



■お店のデータ
煮干しと豚
広島市南区段原2-14-8
電話番号:未確認
11:30~?
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年04月13日 (木) | Edit |
-ご飯もの優勢か-





今回訪れたのは、本通商店街にある『川口商店』。

こちらは呉市音戸町の網元で、自ら漁&加工した、音戸ちりめんやいりこを店頭で販売しています。

川口商店 外観

店内にはイートインスペースを備えていて、ちりめんを使ったパスタやご飯物、牡蠣飯などを提供。

時期が合えば、生シラスも食べられるそうです。





今回の狙いは、店頭に大きく横書きされた煮干しラーメン。

網元が作る訳ですから煮干し感に期待したいところですが、お値段の安さ(450円)も気になりますよね。

果たしてどんな感じなんでしょうか~





川口商店 煮干しラーメン

出てきたラーメンは表面に油が浮き、醤油ラーメンと思しきビジュアル。

具材はメンマ・なると・もやし・海苔・青ねぎ・ゆで卵と、なかなかの盛り込み具合です。





早速スープをいただいてみると、煮干し感は少なめで旨みは強め。

そして、後口にほんのりと甘さが感じられます。

うどんツユ的なスープではなく、しっかりとしたラーメンのスープ。

山口県の「たちばなや」「大島」、流川にある「春晴」とは違う路線の煮干しラーメンです。





麺は細めで、特筆する点はありません。

川口商店 煮干しラーメン 麺





セットのおむすび。

川口商店 おむすび

上からちりめんやワカメが掛けられたおむすびは、海苔の歯切れが良く、まずまず旨いのではないでしょうか。





客席はカウンターがメインで、奥にテーブルが2卓ほど。

12時20分頃には満席となり、ご飯物が売り切れていましたので、早い時間の訪問が無難かもしれません。

音戸ちりめんも300円程度とお安く購入できますので、一度立ち寄ってみると良いと思います。

ごちそうさまでした!!

(2017.3)



■お店のデータ
川口商店
広島市中区本通8-31
0825047553
ランチ11:00~?
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年04月03日 (月) | Edit |
-よくも悪くも支配的-





東区曙にある『田(でん)』というラーメン屋に行ってきました。

お店の場所は、先日訪れたホルモン天ぷらの「史(ちかし)」付近。

あけぼの通りのサンクスを目印にすると良いと思います。

田 外観





店内には白いL型カウンターが用意されていて、席数は10席少々。

お店の切り盛りは、男女2名です。





メニューは撮影し忘れ。

ラーメン等の単品に加えて定食もあったので、注文したのは醤油ラーメンと炒飯の小で750円。

ラーメンとご飯物の組み合わせは、ラーメンが醤油・塩・あっさり醤油、ご飯物が炒飯小・高菜ご飯・じゃこ飯で合計9種類です。





炒飯は男性の担当。

炊飯器から中華なべにご飯を移し、手際よく長めに炒めていきます。

その横では、女性がラーメンを準備。

機械でうぃーんと湯切りし、出てきたラーメンがこちらです。

田 醤油ラーメン

丼がいいですね~

赤・青・黄の渦巻き模様、好きなんですよ。





スープは濃い茶色。

豚バラをロールにしたチャーシュー2枚・メンマ・青ねぎ・揚げ玉ねぎが具材として鎮座しております。

そして、上からは粗挽き黒胡椒も。





飲むとほんのり後口に甘さがあり、元ダレは濃い目です。

思いのほか揚げ玉ねぎが効いていて、まるで詳細をかき消すかの如く。

田 揚げ玉ねぎ

ちなみに麺は、中細の丸麺をやや硬めでの提供です。





炒飯。

田 炒飯小

適度にパラパラで、味わいは確かに炒飯。

できたて熱々が旨くないはずありません。





麺・炒飯・スープと三角食いをしていると、スープに味わい慣れない風味を感じました。

友人曰く、アゴ出汁とのことですが、アゴ出汁の経験が少ないので僕には判別できなかったりして(苦笑





味も雰囲気も懐かさのあるお店。

黒酢入り塩ラーメン辺りが気になるので、再訪の機会を設けてみたいと思います。

ごちそうさまでした!!

(2017.2)



■お店のデータ

広島市東区曙2-7-2
0822619000
11:30~22:00
※訪問時は13時30頃に暖簾を片付けていました。中休みあるのかもしれません。
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。