白目をきれいに
2016年08月18日 (木) | Edit |
以前から宿題にしていた、ホルモン料理の『あきちゃん』に行ってきました。

お店は西区福島町にありまして、「こりく」よりももう少し北に行った角地。

あきちゃん 外観

駐車場は、付近のコインパーキングを利用するといいと思います。





暖簾をよけて中に入ると、店は奥に延びていて、カウンター席とテーブル席が

あきちゃん ホルモン天ぷらを切る包丁

初めて訪れる方は驚くかもしれませんが、この辺りでホルモン天ぷら出すお店には、包丁とまな板が用意されています。

これらを使って、出て来た天ぷらを食べやすい大きさに切りましょう。





メニューは、麺類(ラーメン・うどん)とご飯・おでん・天ぷらなど。

小ご飯・おでん2・ラーメンが食べられるラーメンセットを注文し、妻とシェアしようと思い天ぷらを3つ注文してみました。





あきちゃん ラーメン

出て来たラーメンは、表面に分厚い油膜を湛え、生姜の香りがスンと立ち上がってきます。

具材は、もやし・青ねぎ・チャーシュー。

ややとろみがあるスープは生姜などの香味野菜と豚骨がふわっと香り、元ダレが全体を締めている感じです。

口の周りに膜ができる感覚もあります。

あきちゃん ラーメンのスープ

上手く言えませんが、奥行きのあるスープ。

これはとても旨いし、好きだなぁ。





麺は、定番的なストレート麺を、やや固めで提供。

あきちゃん ラーメンのスープ

しゃきしゃきのもやし、しっとりチャーシューも旨く、これは久々に笑顔になる一杯です。





おでんは、ホルモンとガリ。

あきちゃん ガリのおでん

この手のお店にきたら、筒状のガリ、食べなきゃですね(笑)。

おでんはそんなに濃くなくて、味付けのベースはラーメンの元ダレと同じなのかなと感じました。





天ぷら。

あきちゃん ホルモン天ぷら

手前から、センマイ・ビチ・白肉でして、どれも臭みはないし柔らかいし、旨かったです。

天ぷら用のタレは酸味が効いていて、これもまた旨し。





豚骨醤油系だと「へんこつ」や「寿楽亭」が好きなんですけど、ここのラーメンはそこに割って入るくらいに気に入りました。

今度は夜行ってみたいな。

ごちそうさまでした!!!!

(2016.6)



■お店のデータ
あきちゃん
広島市西区福島町1-15-5
0822962821
11:00~14:00
17:00~21:00
定休日:木曜日


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。









2014年09月23日 (火) | Edit |
流川のランチ処を探している時、ふと目に入った幟旗、「広島名物ホルモンうどん」。

良くみると僕の好物である「ホルモン天ぷら」の文字も確認でき、店頭のメニューには写真付きで表示されていました。





ここはどうやら『岩倉』というお店らしく、場所は三越の裏辺りで鉄板焼きの「五ヱ門」が目の前にあります。

※2階にはセーリング。懐かしいなぁ。。。







こんな街中でホルモン天ぷらが食べられるなんて嬉しいなぁと思い、嬉々としてビルの奥へ。







中に入ると、想像よりもとてもオシャレな空間が広がっていて、ホルモン天ぷらをまな板と包丁で食べさせるお店ではなく、ちょっとした鉄板焼きのお店のような雰囲気。







客席は、一文字のカウンターに11席と軽く仕切られたボックス席が4つ。

お店の切り盛りは厨房に男性2・ホールが女性1の計3名体制のようです。



主なメニューです。





ランチタイムはホルモンうどんや天ぷら、カレーなどのセット物がメインで、丼物なども用意されているようです。



これらの中から注文したのは、スペシャルAセット。ご飯小で850円。

ホルモンうどんと天ぷらの両方を楽しめるんですから、これを外す手は無いと思ったわけです。

しかも、天ぷらはメニューの中からチョイス可能との事。



これは嬉しいなぁと思いながら、オオビャク・ビチ・ガリを選んでみました。



注文から5分は経ったでしょうか。揚げたて天ぷらの乗ったセットの登場です。





天ぷらは先にご紹介した3種で、奥からガリ・オオビャク・ビチという並び。



ガリは焼肉屋でもおなじみの部位ですが、3倍ほどの大きさがあって軟骨のねっとりさとコリコリした食感が秀逸です。

オオビャクは大腸の事で、柔らかめではありますが大腸らしい歯応えが良いですねぇ。

ビチは第4胃袋で赤センマイ・ギアラなどとも呼ばれています。

肉厚でゴリッとしていて、食べ応え満点。

お約束通り、ガリッとしている衣も好印象です。



ホルモンうどんは、薄く濁ったツユに細めのうどんと小さくカットされたホルモン・キャベツなどが確認できます。



ツユにはホルモンの旨味とすだちと思われる柑橘が少し効かせてあって、なかなかの旨さ。

細切れのホルモンは、センマイ・ヤオギモ・小腸などが確認でき、それぞれの持つ異なる食感を楽しむことが出来ました。



天ぷらもうどんも旨く、これは次回、デラックス天ぷらセット(天ぷら5品)で楽しんでみたいな。

ごちそうさまでした!!!

(2014.8)

※ちなみに夜はこんな感じだそうです。



■お店のデータ
岩倉
広島市中区堀川町1-25
0825435560
11:30~14:30
17:30~23:00
定休日:日・祝


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。










2010年09月20日 (月) | Edit |
休みの日。

朝はいつもよりも少し早めに起きてブログのメンテナンス。

「こんなの誰も見てないよね」という細かなところのミスを修正したり、書き起こしていない記事を書いたり、ブログのデータをCDに移したりしている内に午前10時を迎える。

※ブログってデータがブログ運営会社のサーバーにしか残らないので、念のためにCDロムに落として手元に置く事にしているんです。



お昼はいつもの「新華園河原町店」(こんなお店です)で冷麺を食べ、車で買い物に行く予定だった。

先日tweet_maruさんから紹介していただいた廿日市の酒屋にまだ見ぬ銘柄のお酒を買いに行ったり、佐伯区五月が丘にある「味屋」という肉屋に小腸を買いに行ったり、「窪田寛商店」(こんなお店です)にちゃんぽん麺を買いに行ったり、と考えていた。

でも何だか気だるくて、昼食後、一旦帰宅し家の中でゴロゴロゴロゴロ。



あっ気付けばもう夕方だ。



ゴロゴロしていてもお腹は空くもので、夕食をどうしようかなぁと考えていた時に、前夜の飲み会で話題に出たお店のことを思い出した(前夜の飲み会の様子はこちら)。

そのお店とは、西区小河内町にあるホルモン料理の名店『くりはら』だ。



そう言えば『くりはら』は、宿題店として挙げておきながら行ってなかったなぁ。

そうそう、夜はモツ鍋を食べようと思っていたし、ホルモンつながりということで行ってみようかという事に。



自宅からだと広電で西広島駅まで行き、JR西広島駅前のバス乗り場で広島バス(赤バス)25号線の平和公園を経由しない便に乗り「福島町」バス停で下車。

そこからは徒歩3分ほどでお店に着いた。

春や秋の涼しい季節なら西広島駅から歩いても良いだろう。

2010090118230000.jpg

2010090118510000.jpg



お店に入ってテーブル席に座り、まずは天ぷらを4つ注文。

天ぷらには肉と野菜があり、それぞれにネタがいくつかあるのだが、初めての訪問なので何が出てくるかはお店のお任せにしてみた。

注文後は、冷蔵庫から取り出してきたエビスの中瓶、揚げ場の隣にあるおでん鍋から取った串2本と筒状の物体、そしておかずケースから取ったナスのおひたしをテーブルに持ち帰り、ビールの栓を自分で抜きコップに注いでぐいっと飲んだ。

しばし飲み食いしながら天ぷらが揚がるのを待つ。



なお、このお店はビールや水、コップ、おでん、おかずケースの中身は全て自分で取ってこなくてはいけない。

僕は事前に調べて行ったのであまり迷うことなく動けたが、何も知らなければ席でボーっとしてしまい、常連のおじ様かお店のお母さんから早口で説明を受ける羽目になるだろう(それはそれで楽しそうだが)。

僕は実際、常連のおじ様から「コップはあそこじゃ。」と指差し教えていただいた。



さておでんの方はこんな感じ。

2010090118270000.jpg

串はすじ肉と内臓のどこかの部位と思われるものが1本ずつ。

おでん鍋のいかにも濃いそうな汁の色から想像すると煮詰まったおでんなのかなと思ってしまうが、そこまでの濃さは無かった。



すじ肉は柔らかくてフルフルで旨いし、もう一本の内蔵と思われる肉は臭みが無く旨い。

筒状のものは歯応えがガリそのもの。

多分ガリなんだろう、多分。

天ぷらが旨いと評判だったが、おでんも旨い

。あぁ、卵も食べとけばよかった(笑)。



さて、天ぷらが揚がったようだ。

お店のお母さんが天ぷらの盛られた皿を持ってきてくれ、「はい」と、ややぶっきらぼうな感じでテーブルの上に置いてくれる。

求めなければどこの部位かの説明はない。求めたところで説明をしてくれるのかどうかはわからないが。

2010090118290000.jpg

ぱっと見、多分、血肝(脾臓)とセンマイと、あとは・・・。

よく分からないなぁ(苦笑)。



天ぷらは机の上に無造作にセットされたまな板と包丁を使って自分が食べやすいサイズに切り分ける方式。

2010090118290001.jpg



小皿にポン酢を入れ、好みで粗びきの唐辛子を小皿に加えるよう言われ、その通りにして食べた。

唐辛子はほとんど辛味が無く風味を加える役割のよう。

天ぷらは、衣が少し厚めで歯応えがガリッとするタイプだが、肉はほんわりと柔らかく、そして臭みが無い。

思ったほど油っぽくなく、さくさく食べられそう。

これは旨いなぁ。



あっという間になくなってしまったので、天ぷらを4つ追加。

今度は野菜と肉を2つずつでお願いしてみた。

2010090118430000.jpg

野菜はかぼちゃとレンコン。肉は多分、血肝と白肉。

肉の旨さもさることながら、何の変哲もないこのかぼちゃが旨い。

ホクホクしているけれど変に甘くなくべとつかず。

大きさも十分あるこの天ぷらが1個100円だなんて、素敵(笑)。



〆は、これまた旨いと評判のでんがくうどんを。

2010090118550000.jpg

小腸やセンマイなど数種類のホルモンと青ねぎやキャベツなどの野菜が入ったうどんで、汁は透明に近い。

味付けは塩ぐらいで、ホルモンから出た出汁と魚の骨から出たような出汁も感じた。

この汁がしみじみ旨いんだ。

僕は、ホルモンの入った汁は利根屋(こんなお店です)のホルモン汁がなかなか旨いかなぁと思っていたが、これは比べ物にならない位『くりはら』の方が旨いと思う。

※利根屋はちょっと調味料が強めなのが難点。



うどんは歯応えの無い柔らかめのもの。

市販品かなぁ。

この汁にはこのくらいの柔いうどんが合うなぁ。

汁まで全て飲み干して完食。



途中でビールを追加したのと、お土産に「せんじがら」(豚)700円を買ったのも合計して、一人2,000円もいかないお勘定。

大満足で家に帰り、「せんじがら」をつまみつつ晩酌をして、気だるい休日は終わった。

2010090120350000.jpg

こりゃ、再訪必至だな。

ごちそうさまでした!!!!


※実は「せんじがら」を食べたのはこの日が初めてでした。「せんじがら」については過去にこんな記事を書いたことがあります。 「広島気分でかじってや」

(2010.9)


■お店のデータ
くりはら
広島市西区小河内町1-17-15
0822320555
11~20時
定休日:日曜日
天ぷら100円おでん120円でんがくうどん380円ビール500円、その他でんがくにゅうめんや焼酎、おかずケースの中の惣菜などもあり。


■その他の飲食店記事はこちら


■宿題店リストはこちら


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。