白目をきれいに
2017年07月28日 (金) | Edit |
-重い腰を上げる-





今年の4月だったでしょうか、『なづき』という店が出来ているのに気付いたのは。

お値段のこともあり、少し様子見してましたが、この度お昼を食べに行ってきました。

なづき 外観

場所は、福屋食品館FREDの向かい側。

以前は「アジュール」というフランス料理のお店でしたかね。

因島に移転した「カフェバグ」もここにありました。





中に入るとすぐにカウンター席があり、少し隔てられた奥にはテーブルが3卓。

そして、道路に面した個室もあるみたいです。





お一人様での入店でしたが、奥のテーブル席に案内してくださいました。

なづき 店内

なづき 店内2

マダムのランチが似合いそうな雰囲気。

BGMも派手ではなく、落ち着きがあっていいですね。





お店の切り盛りは、親子ぐらい年の離れた男女がお二人で。

ホールは女性が担当し、若い男性が調理を担当されています。





メニューです。

なづき メニュー

3種類のメインから、オムハヤシをチョイスしてみました。





まずは前菜3種から。

なづき 前菜

左から順次寄っていきましょう。





豆腐と水菜など。ゴマドレッシングで。

なづき 豆腐とサラダ

味の濃い豆腐が旨いですねぇ。





しいたけと小松菜のおひたし。

なづき おひたし

品の良い出汁、すりゴマの香り。穏やかに旨いです。





自家製さつまあげ。

なづき さつま揚げ

ほろっと崩れるさつま揚げ。敷いてある新玉ねぎの優しいこと。





スープ。

なづき スープ

出汁にほんのり味を付け、オクラやアオサ、白ごまを散らしています。

これも穏やかで旨い。





メインのオムハヤシ。

なづき オムハヤシ

なづき ソース

滑らかで穏やかなソース。

丸い酸味が感じられますが、トマトと言うよりも赤ワインかなという印象です。

卵は、焼き目は付けずふんわりと。

なづき 卵





食後にはホットコーヒー。

一息入れて、お店を出ました。





普段のランチには少しお高い金額ですけど、内容は良かったと思います。

夜も気になる気になる(笑

ごちそうさまでした!!!

(2017.6)



■お店のデータ
なづき
広島市中区幟町6-21
0822243733
11:30~14:30
18:00~23:00
定休日:水曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年07月27日 (木) | Edit |
-出てきた瞬間-





巡り合わせが悪くて、臨時休業で何度か振られたお店ってありませんか?

複数ある中で、幟町の『ジャムール』もそのひとつ。

この日は前を通ると開いていたので、これは入ってみなくてはいかんでしょ~





お店の場所は、幟町「八昌」や「スパロウ」「菜づけ百屋」と同じ通り沿い。

隣にはイタリア料理の「リベロ」がある立地でして、実力店が建ち並ぶ通りで営業しています。

ジャムール 外観





落とし目の照度、ダークカラーの調度品・床、外国人男性のボソボソ声が案外心地いいBGM。

店内はとても落ち着いた雰囲気です。

ジャムール 店内2

ジャムール 店内





メニューは店頭と店内の2ヶ所に掲示。

ジャムール メニュー

ジャムール メニュー ドリンク





席に着くと「どちらにします?」と聞かれたので、好物のサワラをお願いしてみました。





出てきた定食は、メインプレート・小鉢・ご飯・味噌汁・漬物という内容。

ジャムール 日替わり





早速、メインのサワラに寄ってみましょう。

ジャムール サワラカレー天

ぷんと香るカレーの香り、衣もまさにカレー色。

ふっくらとしたサワラの身。

カレーは案外穏やかで、スパイシーさが後追いでやってきます。





サラダは、パリッとしたキャベツとレタスがメイン。

ドレッシングは、サウザンアイランドなのかな。

ジャムール サラダ





スパサラと大豆入りのひじきも旨いなぁ。

ジャムール スパサラ
ジャムール ひじき


味噌汁は、玉ねぎの甘い香りがふんわりと。

ジャムール 味噌汁

ご飯は見た目以上に量があって、固めに炊いたのをぎっしりとよそってくれた感じです。





出てきた瞬間にハッとする料理って旨いことが多くて、今回もその法則に間違いありませんでした。





丁寧な手作り感が多く伝わってくる定食で、お代は税込700円。

手作り感が多いものが全て旨いとは限りませんが、お代の中にそうした手間隙が詰まっていると思うと、嬉しくなっちゃいます。

また寄ってみましょ。

ごちそうさまでした!!!

(2017.6)



■お店のデータ
ジャムール
広島市中区幟町10-14
0822271018
11:30~19:30
※土は~14:30
定休日:日・祝


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






2017年07月26日 (水) | Edit |
-納得感あり-





広島駅からマツダスタジアムに行く道沿い

いくつかの店がある中で、愛宕踏切に近い場所にあるお好み焼きの『京ちゃん』に行ってきました。

京ちゃん 外観

元々は猿猴橋町にあったお店でして、球場オープンをきっかけに移転されたのかもしれませんね。





ご常連らしき男性を相手しているのは、大女将的な女性。

彼女に出迎えてもらい、鉄板席の中央に座ることに。

目の前にいる焼き手の女性は、彼女とよく似た人。

ひょっとしたら、親子とかなのかなぁ。





注文したのは、いつものように肉玉そば。





粘り気のある生地を丸く薄く敷き、魚粉・キャベツ・青ねぎ・天かす・もやし・豚バラまでを一気に積み上げます。

反転したら、本体の脇めがけて液体をちゅーっと注し、銀の蓋をかぶせて蒸しに入ります。

京ちゃん 途中





そばは生麺。

片面をしっかり焼き、ひっくり返したらソースをペタリ。

そして卵を割り、そばに貼り付けるではありませんか!

本体はまだ、蓋の中ですぞ~





卵に少し火を通したら本体の蓋を取り、何度かプレス。

京ちゃん 途中2

そばの上へスライドさせたら、後の工程は通常通りで完成です。

京ちゃん お好み焼き





ぽってりと嵩のある見た目。

生麺らしくがっしり感のあるそば、ウェットでポリポリ感残したキャベツ。

魚粉の効きも丁度いいなぁ。

場所柄とお値段でどうかなと思っていましたが、なかなか旨いお好み焼きだと思います。





定食類も豊富に揃っていますし、近くで働いていたら何度も訪れるだろうな。

ごちそうさまでした!!!

(2017.6)



■お店のデータ
京ちゃん
広島市南区荒神町1-20
0822628483
11:00~14:00
17:00~22:00
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






2017年07月19日 (水) | Edit |
-ライト感、際立つ-





久し振りに食べてみよう。

『かばちや』のラーメンを。

昼時に猿猴橋を渡る際、いつも行列していたので、ちょいと気になりましてね。





かばちや ラーメン

細い麺を束ねて丼の中央に山を作り、そこにチャーシューと卵を寄り添わせる盛り付け。

以前食べたときもこうだったっけ?

と、確認してみると、以前と同じでした。

後から気付くこともあるんですね。





スープは白濁していて、油脂が少なそう。

実際に飲んでみると印象通りで、喉越しの滑らかさも特徴的。

ライトな印象ですけど、不足はなく旨いスープです。





角煮と呼んでも過言ではない分厚いチャーシューは、ほろっと崩れる柔らかさ。

細い麺は、豚骨の中では柔らかい部類でしょうか。

「カタメ」至上主義の方は受け入れないかもしれませんが、これも店の考え。

食後感の軽さや喉の渇きの少なさは特筆物ですね。

久し振りに食べたけど、僕は好きだなぁ。





備え付けの辛子高菜。

かばちや 辛子高菜

油がしっかりと回った高菜は、とても控えめな辛さ。

ラーメンをしっかりと味わってほしい。

そういう意図があるのかなと感じましたが、いかがでしょうか。





780円というお代はラーメン単品だと高く感じますが、希望者にサービスされるライスまで含めると納得感あり。

って、以前の記事でも書いたような(苦笑





ふとしたときに、また立ち寄ってみましょ。

ごちそうさまでした!!!

(2017.6)



■かばちやの訪問記
かばちや(2011.12)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






2017年07月12日 (水) | Edit |
-良いお店に出会いました-





広島駅近く。お好み焼き。

英語メニュー。スペシャル。





この手のお店って、観光客向けで量が少なくお値段も高め。

そんなイメージがありますが、今回訪れた『てっ平』は、そんなことありませんでした。





お店の場所は、広島駅前の大通り沿い。

てっ平 外観

行けば分かるさ、な分かりやすい立地です。





店内には、テーブル4卓と鉄板前7席ほどを用意。

よいしょと鉄板の真ん中に陣取るも、「コチラのほうが涼しいですよ」と促され、端に移動することに。

焼くところを目の前で見たかったけど、ご好意に甘えましょ。





注文したのは、肉玉そば650円。

生地を丸く敷いたら昆布粉をかけ、多めのキャベツと多めのもやしをこんもりと盛り、もう一度昆布粉をかけます。

青ねぎ・天かす・いか天・とろろ昆布・豚バラと積んだら反転。

つなぎは使っていません。





そばは生麺で、茹で時間は1分。

鉄板に丸く広げ、中央部にソースをペタりと塗ります。





本体は優しいコテさばきで丸く成形し、何度かプレスしてからそばと合体。

黄身がレモン色の卵を貼り付け、ソース・青海苔などで完成です。

てっ平 お好み焼き 完成


やや大きめで、ふんわりとした仕上がりに見えます。





早速コテでカットしてみると、印象通りのふんわり仕上げ。

キャベツの適度なポリポリ感、香り高い青海苔。

薄味に仕上げているからこそ効いているとろろ昆布。

ボリュームもあるし、なかなか旨いお好み焼きではありませんか~

難点は、少し崩れやすいこと位。





あまり期待はしていませんでしたが、650円というお代以上の満足度。

入ってみないと分からないものですね。

ごちそうさまでした!!!

(2017.5)



■お店のデータ
てっ平
広島市南区荒神町4-3
0822644530
11:00~14:30
17:00~22:30
定休日:不定休
※日曜日は営業してました。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。