白目をきれいに
2017年06月19日 (月) | Edit |
ー街中に行かなくても、良いんじゃない?ー





「川鶴」の飲み比べをしようと友人に誘われ、廿日市にある『和ます(かずます)』に行ってきました。

※わます、だと思ってた(苦笑





お店の場所は、広電廿日市駅近く。

商店街を宮島街道付近まで歩くとお店が見えてきます。

和ます 外観

和ます 入口





店内は節のある木を多用した作りで、清潔感あり。

まだ新しいお店なんでしょうね。

和ます 敷き紙





この日の主役!

和ます 川鶴

左から、純米生原酒・純米直汲み無濾過生原酒・純米吟醸生原酒。

どのお酒がどんな味か明確に覚えていませんが、温・冷どちらでもいけるお酒でして、食べ物との相性もオールラウンドに感じました。

機会があれば、原酒ではなく加水も飲んでみたいですね。





さてお料理。

つき出しは貝の煮たの。

和ます つきだし

爪楊枝をくりっとひねりながら、貝を全て取り出す。

成功するとちょっと嬉しいですよね(笑





クリームチーズの西京漬け。

和ます 西京チーズ

味噌の風味と甘さ。クリームチーズのフレーバー。

西京漬けになってる!

これに日本酒合わせると発酵食品の三重奏。

合わないはずがありません。





刺し盛りどーん!

和ます 刺し盛り
※3人分。

この中では、鰆のたたき・貝柱・飛魚が特に良かったです。





出汁巻き。

和ます だし巻き

キレイな色だなぁ。

自宅で巻くと、いつも焦げ目が付いちゃうんですよねぇ。





この日の一番!

タケノコの煮物!

和ます たけのこ

甘辛い煮汁を煮詰めた感じで、味が染み込んで旨い!





この日はコースではなく単品でしたので、各自好きなものを注文。

和ます かき揚げ
※かき揚げ。

和ます 揚げ出し豆腐
※丸い揚げ出し豆腐!

和ます 山菜天ぷら
※山菜の天ぷら。

和ます 牛モツポン酢
※牛もつポン酢。

和ます 蓮根饅頭
※蓮根饅頭。

和ます 牛肉
※ステーキ。

和ます 豚の角煮
※豚の角煮。





そして、その他のお酒。

和ます 持ち込み酒

左2本は福島のお酒。

右端は島根のお酒。





和ます 白蘭

こちらは、三次の白蘭酒造。





いずれの料理もきちんと旨く、自宅からの所要時間考えると、「ねこまたぎ佐伯区役所前店」と同様に、街中じゃなくてここで十分なのではと思わせてくれます。

次回は季節を変えて立ち寄ってみたいな。

ごちそうさまでした!!!

(2017.5)



■お店のデータ
和ます
廿日市市廿日市2-7-17
0829204904
17:00~22:00
定休日:日曜日(祝日の場合は翌日休み)



その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






2017年06月15日 (木) | Edit |
ーオリジナル府中焼きとはー





人生で二度目の府中焼きは、橋本町の『笑壺』で。

※お初は「としのや」。

こちらの府中焼きは「笑壺オリジナル」との記載あり。

前回訪問でなんだろうと思っていたので、その辺りの確認も含めて食べてみましょうかね。





焼く手順は広島のお好み焼きと変わらず。

大まかに書くと、生地にキャベツ・天かす・各種調味料・ミンチを乗せ反転。

笑壺 府中焼き 途中

本体は何度もぎゅうぎゅうとプレスを掛け、水分を抜くと同時に脂を全体に回します。

そばは、出汁のような液体を掛けてほぐし焼き、本体と合体。

たまごを貼り付けたらソースを薄く塗り、青海苔・ゴマ・魚粉などで完成を迎えます。

笑壺 府中焼き





適度な脂のコク、ほっこりウェットなキャベツ・カリカリのミンチ。

なかなか香ばしい仕上がりで、これは確かに旨いなぁ。





一般的な府中焼きとの違いは、ひき肉を乗せる順番。

こちらではキャベツ・ひき肉で反転させて焼きましたが、一般的にはキャベツ・そば・ひき肉と乗せて、そばをパリッとさせるんだそうです。

つまりは、この点がオリジナルと言うことなんでしょうか。





ま、なんにせよ旨い府中焼きでした。

本場に行く前に、もう何枚か近場で食べてみようと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2017.5)



■笑壺の訪問記
笑壺(2017.2)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






2017年06月14日 (水) | Edit |
ー現状に満足しないー





5年振りに中広の『紺屋』に行ってきました。

実は狙っていた店が2つともGW休みに入っており、中区から流れての訪問となります。

紺屋 のれん





中に入ると、期間限定のカレーラーメンの告知が!

紺屋 カレーラーメンのメニュー

塩か醤油と思っていたのに、これは翻意せざるを得ませんよね(笑





紺屋 カレーラーメン

出てきたカレーラーメンは、麺と具材がギュッと盛り込まれた印象。

確認できる具材は生の玉ねぎ・青ねぎ・トマト・チャーシュー・ゆで卵・きくらげ。人参。

ここまで具沢山じゃなくてもいいかな(笑





早速ひと口いただいてみると、スパイス感・苦味・甘さなど、色々な味が複雑に感じられるスープで、油脂は少なくさらりとしています。

食べてみて気付きましたが、スープの中に、火の通った玉ねぎと牛肉も入ってました。





麺はつるりとした四角麺。

紺屋 カレーラーメンの麺

食べ進めると舌に辛さが蓄積し、終盤は程よい辛さに。

僕の好みを外れるカレーでしたが、カレーラーメンとしてはなかなか旨いと思います。





妻が頼んだ醤油ラーメン。

紺屋 醤油ラーメン

昔の記憶は、ライトなスープにぽってりと甘い醤油。

今回食べたのはコクも甘さもありますが、明らかにバランスが変わっています。

そして酸味が効いていて、とても惹きのある一杯でした。

話には聞いていましたが、この醤油ラーメン、好きだなぁ。





根強いファンがいる味を変える勇気。

きっと賛否両論あるでしょうけど、その姿勢は応援したくなりますよね。

ごちそうさまでした!!!

(2017.5)



■紺屋の訪問記
紺屋(2011.11)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








2017年06月13日 (火) | Edit |
-メインよりもスープが魅力的-





「カレー専科西村や」に行ってみようと思い、十日市へ。

現地に着くと、串揚げの店に変わっていて、カレー気分がしなしなと萎えてしまいました(苦笑

残念~





「そいや、あそこ行ったことなかったよね」と思い向かったのは、広瀬町にある台湾料理の『青葉』。

青葉 外観

青葉 看板

大した事前知識は持ち合わせておらず、何年も前からあるな程度の印象。

さてさて、どんな感じなんでしょうか。





中に入ると右にテーブル席が並べられていて、奥にはカウンター席と丸テーブルが。

案内されたテーブル席の周りには、漢方や茶器が飾られていてなかなか雰囲気ありますよね。

青葉 漢方

青葉 茶器





メニューです。

青葉 ランチメニュー

筆頭の日替りが800円で、その下には牛肉麺・牛肉飯・排骨飯の記載も。

それぞれの「効用」は、日替り=新陳代謝、牛肉麺=若返り、牛肉飯=健康促進、排骨飯=活力増強。

元々カレー気分でしたので、ここはひとつ新陳代謝を上げてみましょうかね。





出てきた日替りは、麻婆豆腐・小鉢・漬物・ご飯・スープという内容です。

青葉 日替わり





早速、メインの麻婆豆腐に寄ってみましょう。

青葉 麻婆豆腐

台座のある平皿で提供された麻婆豆腐は、ピリ辛程度で豚のひき肉が実に旨いではありませんか。

そして油脂が少ないせいなのか、とても軽い麻婆豆腐だと思います。





スープ。

青葉 スープ

アサリの旨味がしっかり出ているところにカニの旨味を重ねて、白菜や生姜もしっかりと効かせてあります。

これ、メインよりもずっと惹きがあるなぁ。

こういうスープをお作りになるということは、牛肉麺も旨いのかもしれません。





小鉢はたまごとちりめん・玉ねぎの炒め物で、きちんと旨い。

青葉 卵炒め

漬物は辛子高菜でした。





夜の薬膳鍋も気になるし、昼の牛肉麺も気になる。

どちらかを食べに再訪したいと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2017.4)



■お店のデータ
青葉
広島市中区広瀬町7-25
0822335889
11:30~14:00
17:00~22:00
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









2017年06月09日 (金) | Edit |
-久し振りのラーメン遠征-





某界隈で旨いと評判の『山創(さんそう)』に行って来ました。

お店があるのは、自宅から1時間ほど車を走らせた安芸区阿戸町。

東広島に抜ける道沿いにお店があります。

山創 外観2
※入口側。

山創 外観
※駐車場側。





店内にはカウンター席のみで10席程。

山創 店内

勝手に抱いていたイメージよりも随分お若いお二人が店を切り盛りしています。

こちらは人気店のようでして、12時直前の入店時には前客2のみでしたが、続々と来店され、帰る頃には待ちが出ているほど。

訪問の際はご留意ください。





メニューです。

山創 メニュー

海老そばが旨そうですけど、この日は気分じゃなかったので、うま辛ラーメンとライスを注文。

妻は中華そばとおでんを。





山創 うま辛ラーメン

出てきたラーメンは、小さめの丼にぎっしり盛り込まれた感じ。

具材は、チャーシュー・もやし・キャベツ・青ねぎ。

鮮やかな青ねぎが目を惹きますね。

スープはベースの強さを感じるし、ラー油が多く使われていますが、油っぽさやくどさは皆無。

思ったよりもあっさりと感じられます。

山創 スープ





ちょっと一口、とお願いして飲ませてもらった中華そばのスープ。

山創 中華そば

うま辛で感じたベースの印象そのままでして、これは元ダレの味が弱いことと課長さんを使っていないことに起因しているのかなと。

味付けは醤油じゃなくて塩なのかなと思うくらいで、僕たち夫婦の好みから言うと、もう少し味付けが欲しいかなと感じました。

とは言え、気合の入ったベースのスープ、旨いと思います。





麺は細めで、ザクッとムニッと。

山創 麺

見た目は「骨々亭」の辛いラーメンに似ていますが、比べるとこちらのほうはあっさり路線です。





ご飯は高菜付き。

山創 ごはん

思ったよりも量が多くて、満腹になり過ぎたりして(苦笑





なかなか訪れる事のない立地ですが、お好きな方は一度食べておかれてはと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2017.4)



■お店のデータ
山創
広島市安芸区阿戸町2167
08047820661
11:00~14:30
17:00~21:00
定休日:日曜日・水曜日の夜


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。