白目をきれいに
2017年07月19日 (水) | Edit |
-ライト感、際立つ-





久し振りに食べてみよう。

『かばちや』のラーメンを。

昼時に猿猴橋を渡る際、いつも行列していたので、ちょいと気になりましてね。





かばちや ラーメン

細い麺を束ねて丼の中央に山を作り、そこにチャーシューと卵を寄り添わせる盛り付け。

以前食べたときもこうだったっけ?

と、確認してみると、以前と同じでした。

後から気付くこともあるんですね。





スープは白濁していて、油脂が少なそう。

実際に飲んでみると印象通りで、喉越しの滑らかさも特徴的。

ライトな印象ですけど、不足はなく旨いスープです。





角煮と呼んでも過言ではない分厚いチャーシューは、ほろっと崩れる柔らかさ。

細い麺は、豚骨の中では柔らかい部類でしょうか。

「カタメ」至上主義の方は受け入れないかもしれませんが、これも店の考え。

食後感の軽さや喉の渇きの少なさは特筆物ですね。

久し振りに食べたけど、僕は好きだなぁ。





備え付けの辛子高菜。

かばちや 辛子高菜

油がしっかりと回った高菜は、とても控えめな辛さ。

ラーメンをしっかりと味わってほしい。

そういう意図があるのかなと感じましたが、いかがでしょうか。





780円というお代はラーメン単品だと高く感じますが、希望者にサービスされるライスまで含めると納得感あり。

って、以前の記事でも書いたような(苦笑





ふとしたときに、また立ち寄ってみましょ。

ごちそうさまでした!!!

(2017.6)



■かばちやの訪問記
かばちや(2011.12)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






2017年07月12日 (水) | Edit |
-良いお店に出会いました-





広島駅近く。お好み焼き。

英語メニュー。スペシャル。





この手のお店って、観光客向けで量が少なくお値段も高め。

そんなイメージがありますが、今回訪れた『てっ平』は、そんなことありませんでした。





お店の場所は、広島駅前の大通り沿い。

てっ平 外観

行けば分かるさ、な分かりやすい立地です。





店内には、テーブル4卓と鉄板前7席ほどを用意。

よいしょと鉄板の真ん中に陣取るも、「コチラのほうが涼しいですよ」と促され、端に移動することに。

焼くところを目の前で見たかったけど、ご好意に甘えましょ。





注文したのは、肉玉そば650円。

生地を丸く敷いたら昆布粉をかけ、多めのキャベツと多めのもやしをこんもりと盛り、もう一度昆布粉をかけます。

青ねぎ・天かす・いか天・とろろ昆布・豚バラと積んだら反転。

つなぎは使っていません。





そばは生麺で、茹で時間は1分。

鉄板に丸く広げ、中央部にソースをペタりと塗ります。





本体は優しいコテさばきで丸く成形し、何度かプレスしてからそばと合体。

黄身がレモン色の卵を貼り付け、ソース・青海苔などで完成です。

てっ平 お好み焼き 完成


やや大きめで、ふんわりとした仕上がりに見えます。





早速コテでカットしてみると、印象通りのふんわり仕上げ。

キャベツの適度なポリポリ感、香り高い青海苔。

薄味に仕上げているからこそ効いているとろろ昆布。

ボリュームもあるし、なかなか旨いお好み焼きではありませんか~

難点は、少し崩れやすいこと位。





あまり期待はしていませんでしたが、650円というお代以上の満足度。

入ってみないと分からないものですね。

ごちそうさまでした!!!

(2017.5)



■お店のデータ
てっ平
広島市南区荒神町4-3
0822644530
11:00~14:30
17:00~22:30
定休日:不定休
※日曜日は営業してました。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






2017年07月11日 (火) | Edit |
-動きも値段もお見事-





今回訪れた韓国料理の『女ぎつね』は、「かず」のお隣にあるお店。

こちらは肉系のランチが多かったことを覚えていましたので、お肉気分の日に訪問して参りました。

女ぎつね 外観

女ぎつね 看板





店頭のメニューを見ると、この日も肉系が多くオンメニュー。

女ぎつね メニュー

韓国風煮豚ってどんな料理なんだろう。

それを注文することを決めて、中に入ってみました。





客席は、調理場を囲むL型カウンターと、小上がりに2卓。

女ぎつね 店内

二人で切り盛りするのが丁度良さそうな店を、お昼だからでしょうか、女性が一人で切り盛りしています。





これは品出しが遅いかも。

ある程度時間がかかる事を覚悟して、韓国風煮豚を注文です。





ところが、出てくるまでは5分も経たず。

メインは作り置きのレンチンで、小鉢やサラダは皿にセット済み。

無駄のない動きでパパパッと作り、次の定食の準備へ。

さすがに食器等の引き下げは出来ませんが、割り切って1回転勝負にされたのかもしれません。





出てきた定食は、メイン・ご飯・味噌汁・小鉢2・サラダ・漬物という内容。

女ぎつね 日替わり

これで600円は、第一印象いいですぞ(笑





メインの韓国風煮豚。

女ぎつね 韓国風煮豚

スライスされた柔らかいチャーシュー(=煮豚)に、塩っぱさ強めのチヂミダレがかかっている感じです。

コチジャンやニンニク・生姜も少し効いており、このおかず力はかなりの高さ。

ご飯がススムなぁ。





小鉢の煮物は、牛すじとこんにゃくなど。

甘辛系で和風な味付けです。

女ぎつね 煮物





もう一つの小鉢は菜の花のナムル。

女ぎつね 菜の花のナムル

ふんわりとごま油、穏やかな味付け。

このナムル、好きだなぁ。

味噌汁もきちんと旨くて、第一印象通り、この日替り600円はオススメです。





夜は韓国料理がほとんどなのかな。

クックハン(移転前の大手町時代)」や「韓味家(大手町)」「花亭(庚午)」とはまた違うテイストだろうと思いますので、一度は夜も行きたいなぁ。

ごちそうさまでした!!!

(2017.5)



■お店のデータ
女ぎつね
広島市東区光町2-8-1
0822630070
11:30~14:00
17:00~23:00
定休日:日・祝


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年07月08日 (土) | Edit |
-アイデア勝ち-





しゃぶしゃぶ・すき焼きを一人ひと鍋で提供する『PAN』。

妻が何度か訪れているお気に入り店でして、「僕も行きたい!」ということで連れて行ってもらいました。





お店の場所は、パソコンのアプライドの裏辺り。

横川公園の近くにお店を構えてらっしゃいます。

PAN 外観

店先の花がきれいですね~

PAN 植栽2

PAN 植栽





店内は、ややクラシカルな雰囲気。

5月人形が飾られているんですけど、案外マッチしていて面白いなぁ。

PAN 店内





メニューです。

PAN メニュー

煮込みハンバーグがある!

これも鍋で出てくるのかなぁなんて思いながら、僕と母はすき焼きを。

妻はしゃぶしゃぶを注文です。





すき焼きはこんな感じ。

PAN すき焼き

PAN すき焼き 後ろから

天板に開いた穴にIHが仕込まれていて、そこに一人ずつ鍋を置くスタイル。

鍋ってみんなでつつくイメージでしたけど、専用鍋と言うのはアイデアかもなぁ。





強めの火力で火を通すと、野菜の嵩が減って、食べごろが近づいてまいりました。

PAN すき焼き出来た

割り下はやや薄味。

ほろりと崩れるお肉、風味の高いお野菜。

これはなかなか旨いではありませんか。





セットのご飯たち。

PAN すき焼き ご飯など

溶き卵につけたり、そのまま食べたり。

久し振りのすき焼き、堪能いたしました。





ちなみにご飯はお代わり可能なので、二杯目はすき焼き丼にしてみたりして(笑

PAN すき焼き丼





しゃぶしゃぶはこんな感じでした。

PAN しゃぶしゃぶの肉

PAN しゃぶしゃぶの野菜

PAN しゃぶしゃぶ鍋





ちょっとハレ感のある鍋料理を、自分のペースで、好みの火加減で。

繰り返しになりますが、いいアイデアですね。

なお、予約は11:30~と13:00~に指定されていて、お昼時はフリーでの来店可能。

12時を過ぎるとあっという間に席が埋まりますので、フリーであればお昼前くらいがいいかもしれません。

ご参考になさってください。

ごちそうさまでした!!!

(2017.5)



■お店のデータ
PAN
広島市西区楠木町1-15-7
0822334321
11:30~14:00
17:30~21:00
定休日:木曜日、日祝の昼営業
※隣地に駐車場10台あり


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年07月07日 (金) | Edit |
-これはお得でしょ-





ちょっとお高いんですけど、思い切って行ってみました。

中区胡町。

大和屋酒舗と同じビルの2階にある『ひぐち』へ。

ひぐち 入口

店の事は前々から知っていたんですけど、何となく敷居が高いじゃありませんか(苦笑





中に入ると、正面には華やかに生けられた花。

そこを分岐点として、左右に客席が設けられています。

右側にはカウンター席。

左側には個室が2つ。

そして、奥にはテーブル席があるらしく、僕たちはそこに案内されました。





昼のメニューは4種類。

お造りセット、天婦羅セット、天・造りセット、お昼の懐石。

ひぐち 看板

折角ならどちらも楽しみたいよねと思い、天・造りセットをお願いしてみました。





まずは先付5品。

ひぐち 前菜

左から、なすの田楽・細巻き・もずく酢・ゆで卵・煮イカとなます。

ひぐち 前菜2

ひぐち 前菜3

これ、お酒飲ませようとしてるでしょ(笑





ひぐち 九平次
※ついつい、九平次頼んじゃった(笑





続いては、鮎の塩焼き。

ひぐち あゆ塩焼き

頭からかぶりつき、尻尾まで綺麗に完食。

香りはそこまで高くはなかったけど、肝の軽い苦味が良かったと思います。





天ぷら盛り合わせ。

ひぐち 天ぷら盛り合わせ

海老2・しいたけ・大葉・なす・カボチャ・白身。

薄い衣はサクッと軽め。

さすがにきちんと旨いなぁ。





お造り。

ひぐち 刺し盛り

甘えび・かつお・タコ・はも酢味噌・赤貝・鯛・カンパチ。

思ったよりも種類が多く出てきて、これは嬉しい誤算。

この中では香りの良いタコが頭ひとつ抜けていました。





吸い物は、鯛アラの潮汁。

ひぐち 鯛アラの吸い物

昆布が強めで鯛もしっかりと。

塩は控えめですが、旨い潮汁でした。





この他には、ゆかりが乗ったご飯(お代わり可能)とお漬物。

食後は、デザートとコーヒーどちらか。

この場所とこの内容で2,200円は、むしろお安く感じます。





次は夜に訪れて、カウンターに座りたいなぁ。

お代が心配ですけどね(苦笑

ごちそうさまでした!!!

(2017.5)



■お店のデータ
ひぐち
広島市中区胡町4-3
0822495151
11:30~14:30
17:30~23:00
定休日:日・祝


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。