白目をきれいに
2017年05月22日 (月) | Edit |
-老舗のがっしりうどん-





実は訪問を躊躇していた『一風』。

中区八丁堀、ボーリングのパークレーンの隣にあるうどん屋さんで、結構な老舗と聞いています。

ここはお値段が少し高めらしく、満腹になろうとしたらお金がかかりそう。

そんな印象を勝手に持っていましたので、あまりお腹が空いていない日を狙って訪問して参りました。

一風 外観





お昼のピークタイムを過ぎた、午後2時。

流石にお客は僕だけですが、普段は賑わっていると聞いています。

一風 店内

一風 店内2

床のタイルがかもし出す老舗感。

こういうの、好きですよ。





メニューです。

一風 メニュー

一風 英語メニュー
※英語版もあり。

うどんは500円~700円が主流。

名物と聞いている鍋焼きうどんは900円。

中町の「栄家」と同じくらいのお値段でしょうか。





注文したのは、やまかけうどん700円。

最近、大根おろしや山芋が好きなんですよ~

一風 やまかけうどん

中央にウズラ。

周囲には、山芋・海苔・ネギ・生姜。





麺は、四角くて太め。

つるっとした表面、ゴシッとした食感。

どちらかと言うとハード系のうどんなんですね。





ツユは、しいたけのようなニュアンスと後口の塩気が目立つ感じ。

甘い・濃いという感覚はありません。

一風 器
※形が面白い。





食べ進めるにつれ、山芋がツユに拡散し、黄身が割れて広がっていきます。

うどんを食べ終えた後、それらと一緒にツユを楽しめるのが、やまかけうどんのいいところなのかなと。





名物の鍋焼きうどんも一度は食べてみなきゃいけませんね。

ごちそうさまでした!!

(2017.4)



■お店のデータ
一風
広島市中区八丁堀11-4
0822287821
11:00~19:00
定休日:第3日曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年03月10日 (金) | Edit |
-弐の店よりも-





白島の『美の庵』に二度目の訪問です。

前回は牛すじカレーうどんを食べてしまい、出汁の良さを味わい忘れるという始末(苦笑





そんな前段があったものですから、天ぷらうどんを注文してみた訳です。

ついでに、おいしそうな写真に釣られて、卵かけご飯も。

美の庵 天ぷらうどんと卵かけ御飯





まずは、天ぷらうどんに寄ってみましょう。

美の庵 天ぷらうどん

軽く弧を描いてそそり立つのは、海老とさやいんげん。

そこに寄りかかるようにシソが配置され、足元にはごぼうとカボチャが確認できます。





カリッと揚がった天ぷらは熱々で、なかなかの旨さ。

どれも旨かったんですけど、ごぼうの風味が特に良かったです。





うどんはスクエアで、ややムチな感じ。

イリコが強めに感じるツユは、後を引く塩気がいいですね。

バランスが良く、なかなか旨いうどんではないでしょうか。





美の庵 卵

良い色の卵を溶いてご飯にかけると~





美の庵 卵かけ御飯

ほら、旨そう(笑

白ご飯では味気ないけど、卵かけご飯だと途端に満足度が上がりますね。





この日のうどんの出来栄え、スタッフの声出しや目配り。

いずれも、先日の「弐の店乃きや」よりも良く感じました。





たまたまかもしれませんので、少し間を空けて訪問したいと思いますし、その間は『美の庵』を中心にうどんを食べに行こうと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2017.2)



■美の庵の訪問記
美の庵(2014.6)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年03月04日 (土) | Edit |
-お得な日替りだけど-





そいや最近行ってないよねと思い、橋本町の『弐の店乃きや』へ。

弐の店乃きや 外観





店頭の日替りメニューをみると、食べたかったカキフライがあるじゃないですか~

弐の店乃きや メニュー

これは、迷うことなく入っとくでしょ(笑





おひとり様が幸いして、一つだけ空いていたカウンター席に滑り込み。

注文から5分待つことなく、日替りの登場です。

弐の店乃きや 日替わり

内容は、うどん・カキフライ・ミニサラダ・ご飯・漬物。





まずはメインのうどんに寄ってみましょう。

弐の店乃きや わかめかけうどん

こちらは、わかめかけうどん。

イリコベースのうどんツユに、そこまで強くないコシのうどん。

お昼時と言うこともあるんでしょう、過去にいただいたうどんと比べると少し落ちる感じがありました。





カキフライ。

弐の店乃きや カキフライ

良い色に揚がったカキフライには、予めソースが掛けられています。

中はトロッとしていて、牡蠣自体の旨みは軽め。

とは言え、この内容で700円ですから、お得感は感じられるのではないでしょうか。





全体的に少しトーンダウンな印象でしたが、時間帯の影響もあるのかな。

また行ってみましょ。

ごちそうさまでした!!

(2017.1)



■弐の店乃きやの訪問記
弐の店乃きや(2010.10)
弍の店乃きや2(2012.2)
弍の店乃きや3(2012.3)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






2016年12月01日 (木) | Edit |
今日は「来々軒」でカツ丼か半チャンラーメン~

と思い向かうと、何と定休日。。。

ありゃ~




失意の中、大通りに出ると、道路向かいに『暖家(だんけ)』というお店を見つけました。

暖家 牛田 外観

どうやらうどんの店らしく、「ここはカツ丼あるかも!」と思い、入店することに。





店内は落ち着いた雰囲気。

床と一部の壁、厨房のタイルが黒っぽく、照度も落とし目のためでしょうか。

お客の入りはまずまずで、7割がた席が埋まっていたように思います。

客席はカウンターとテーブル、ひょっとしたら個室もあったかもしれません。





メニューです。

暖家 メニュー

こちらは、イチオシっぽい「うどんセット」。

お聞きすると、ミニ丼は日替りで固定されていて、この日はきのこ卵とじ丼とのこと。

これも何かの縁ですから、カツ丼から方針変更して、わかめうどんのセットを注文してみました。

暖家 うどんセット





鰹が香るうどんは、ツユをいただいてみると、僅かに甘さが感じられ結構好きなタイプ。

暖家 うどんセット わかめうどん

うどんは太めでガシッとした歯応えです。





丼は、シメジ・舞茸・玉ねぎの卵とじが具材。

暖家 うどんセット きのこの卵とじ丼

ツユの量はご飯を箸で食べ切れる程度で丁度良く、甘辛具合も丁度いいですね。

これならカツ丼も食べてみたくなります。





小鉢のサラダには、紫蘇ドレッシング。

野菜の下から出て来た豆腐がちょっとしたサプライズで、何だか得した気分になります(笑





すぐ近くには「讃岐屋」があるんですが、共存しているのは素晴らしいですね。

地元中心にファンが多いお店なのかなと感じました。

ごちそうさまでした!!

(2016.10)



■お店のデータ
暖家
広島市東区牛田本町2-4-15
0822222552
営業時間:未確認
定休日:未確認


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。










2016年10月19日 (水) | Edit |
二代目もんごい」などがあるゾーンの隣。

激安ラーメン店が入っていたスペースが、気付けばうどん屋さんにチェンジしているではありませんか。





お店の名前は『大和製麺』。

大和製麺 外観

ちょうど角に位置する路面店で、適度な装飾もあり、わりと目立つお店かなと。





店内は左に調理場、右に客席で、「丸亀製麺」と同じようなセルフ方式のようです。

まずはうどんを注文し、受け取ると薬味コーナーでネギと天カスを好きなだけ。

揚物を取った後はレジで精算し、自席へという流れです。





この日は小腹ふさぎでの訪問でしたので、かけうどんだけ注文してみました。

大和製麺 かけうどん

ツユからは濃い目の香りがぶわっと。

早速いただいてみると、昆布や節の風味が強く、醤油や甘さもそこそこ濃い目。

つるつるとしたうどんは茹で置きで、特筆する点はないかなぁ。





それよりも薬味が良くて、ネギは切り立てでピカピカでしたし、海老混じりの天カスは実際に天ぷらを揚げた際に出たカスを使っているものと思われます。

天カスから海老が出てくると、ちょっと嬉しいですよね(笑)





後日食べたカレーうどんは、なかなか旨かったですし、何度か立ち寄ってみようと思います。

ごちそうさまでした!!

※完全予約制で夜営業あり。4,000円飲み放題付。

※うどんの持ち帰りあり。

(2016.9)



■お店のデータ
大和製麺
広島市南区松原町10-22
0822615560
11:00~15:00
定休日:日曜日


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。