2017年03月29日 (水) | Edit |
-とろろって事ですよね-





今回訪れたのは、中区幟町にある『NE・BER』というお店。

エリザベト音大よりも2ブロック南にあって、「児玉」という日本料理のお店が隣にある立地です。

NEBER 外観





店頭には手書きメニューが置かれていて、とろろを売りにしているような印象。

NEBER 夜メニュー

と思いきや、入口の横には煮込みハンバーグの文字もあって、こちらもイチ押しでしょうか。

NEBER 看板





とりあえず中に入ってみると、オレンジ系の明かりでやや暗めの照度。

手前にテーブル席を置き、段上がりの上にはカウンター席が用意されています。





カウンターの端っこに陣取り顔を上げると、ワイングラスに赤い花、バゲットとおしゃれな雰囲気。

NEBER 店内

その向こうに見えるシルバーのおでん鍋が、何だかミスマッチで面白いなぁ(笑





メニューは店内にもありますが、外のほうが見やすいのでそちらを上げておきます。

NEBER ランチメニュー

売りの二つを組み合わせた定食が筆頭ではありませんか~

これは頼まざるを得ないでしょう!





NEBER 煮込みハンバーグ定食

出てきた定食は、煮込みハンバーグを中心に麦飯・とろろ・小鉢・漬物・サラダ・味噌汁という内容。





煮込みハンバーグに寄ってみましょう。

NEBER 煮込みハンバーグ

表面は焼き固められていて、周囲のソースはコクの軽いデミグラスな感じ。

付け合せのポテサラ含めて、なかなか旨いのではないでしょうか。





麦とろご飯。

NEBER 麦とろごはん

ハンバーグや小鉢のひじき、漬物類をおかずに、ずるずるっと。

ノンオイルドレッシングのサラダで口を変えつつ、熱々濃い目の味噌汁を飲みつつ完食です。

麦とろご飯って久し振りに食べましたけど、たまには良いなぁ。





そして、お店の名前の読み方は、『NE・BER(ねばる)』。

とろろだから、という事でよろしいんでしょうかね(笑





あ、そうそう。

ほぼ満席でありながら提供時間が早くて驚きました。

ハンバーグを焼いておいて工程を一つ省いたのかなぁ、なんて思ったりもして。





夜はワイン片手に楽しめそうですし、ちょっと行ってみたくなりました。

NEBER 夜メニュー2

夜の宿題が増える一方なので、ちょっとずつこなしていきたいと思います。

ごちそうさまでした!!

(2017.2)



■お店のデータ
NE・BER
広島市中区幟町9-4
0822220332
11:30~13:30
18:00~24:00
定休日:未確認
※日曜は休みだと思います。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年03月28日 (火) | Edit |
-玉家と同じ系列らしい-





今回訪れたのは、富士見町に新しく出来た『万丈(ばんじょう)』というラーメン屋さん。

お店の場所は地蔵通り沿いで、以前「ばくだん屋」があった場所で営業されています。

万丈 外観





客席はカウンター5席とテーブル3卓が用意されていて、店の切り盛りは男女3名で。

店内の雰囲気は、「ばくだん屋」がダークカラーを多用していたのに対して、こちらは明るいカラーなんですね。

万丈 店内





メニューです。

万丈 メニュー

万丈 メニュー2

広島ラーメンは友人の感想を聞いていたので、今回は味噌ラーメンを注文。

煮卵付きとは言え800円はお高い印象ですが、果たしてどんな感じなんでしょうか。





万丈 味噌ラーメン

出てきたラーメンは、煮卵・コーン・青ねぎの色合いがきれいで、なかなか旨そうではありませんか。

その他の具材は、チャーシュー・ひき肉・キャベツ・海苔という布陣。





早速スープをいただいてみると、少しのとろみに味噌のざらつき、後を引く酸味が印象的なスープです。

味噌といえば「ピリ辛」みたいな向きもありますが、こちらでは不採用。

それはそれで良いと思います。





麺は中細の丸麺。

万丈 味噌ラーメンの麺

すすり上げると、味噌の風味がふわっと感じられて旨いですね。

ちなみに、麺の箱には原田製麺と書いてありました。





錦糸卵が乗っているという広島ラーメン、次回は食べてみようかな。

ごちそうさまでした!!

(2017.2)



■お店のデータ
万丈
広島市中区富士見町6-12
0822445755
営業時間:未確認
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年03月27日 (月) | Edit |
-分厚いのが微笑ましい-





今回訪れたのは、上大須賀町にある『ひろた』という喫茶店。

仕事でグーグルマップを見ていた時に発見したお店でして、古そうな喫茶店ということ以外は、一切情報を持ち合わせておりません。

でも、そういうお店に行くのが楽しいんですよね(笑





お店の場所は、ゆめマート@二葉の里の近く。

大通りから一本入っているので、狙って訪れないと見つけられないと思います。

ひろた 外観

ひろた 看板
※麻雀もやってるの?





店内はややレトロ感漂いますが、お掃除は行き届いていて綺麗に保たれています。

客席は、やや隔離されたカウンターに4席、整然と並んだテーブルが8卓ほど。

ひろた 店内





日替りのメニューです。

ひろた メニュー

メインが3種類から選べるらしく、僕が選んだのは天ぷら。

これ以外には、焼きうどん・焼そば・五目そば・焼きめし・チキンライス・鍋焼きうどんなどがあって、単品で600円か650円でした。

※セットだと100円増し程度。





出てきた日替りは、サラダ付きの天ぷらプレート・小鉢・漬物・ご飯・味噌汁という内容。

ひろた 日替わり全景





まずはてんぷらに寄ってみましょう。

ひろた 天ぷら

いい色に揚がった天ぷらは、小イワシ7・牡蠣2という内容で、思いのほか盛りが良いではありませんか~

ひろた 天ぷら2

さくっと揚がっていて、衣が分厚く、中はふっくら。





小鉢の切り干し大根。

ひろた 切干大根

甘辛さ控えめでして、薄めの味付けに出汁感と白ごまの風味でおかず力を補完。

これもなかなか旨いなぁ。





食後にはコーヒー。

ひろた コーヒー





手作り感のある料理でボリュームもあり。

単品の五目そばに興味がありますので、一巡したら再訪したいと思います。

ごちそうさまでした!!

(2017.2)



■お店のデータ
ひろた
広島市東区上大須賀町2-27
0822637955
営業時間:未確認
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年03月25日 (土) | Edit |
-どこだったか 思い出した-





今回訪れたのは、つけ麺(広島つけ麺ではない)を提供する『麺喰』。

自家製の太麺が売りというこちらのお店、西平塚町の最南端と言ってもいいエリアで営業されています。

以前は「辛来軒」というラーメン店が入っていた場所ですかね。

麺喰 外観

麺喰 看板





店の外にある券売機。

麺喰 券売機

つけ麺の単品は麺喰というらしく、麺量が選べて830円。

その下には汁なし担々麺とセット物があって、トッピングのボタンも確認できます。

今回はオリジナル汁なし担々麺750円の食券を購入。

つけ麺は友人達が先に食べていて、感想を聞いていましたので。





広いウェイティング的なスペースを抜け、引戸を開けて入店。

黒いL型カウンターとテーブル席がいくつかあって、「辛来軒」に似たレイアウトです。

BGMはボサノバかな。





食券を渡して5分ほどでしょうか、汁なし担々麺が出て来ました。

麺喰 汁なし担々麺

口の広いシルバーの器に、青ねぎと天かすが目立つビジュアル。

天かすが入るなんて、まぜ麺みたいで面白いなぁ。

ちらりと見える麺は、確かに太麺。





ある程度混ぜてからいただいてみると、山椒のニュアンスに芝麻醤のコク、唐辛子系の辛さもあり塩っぱさも感じられます。

たれのねっとり感が特徴的ですね。

ムチッとした麺は中に行くにつれ硬さを残してあり、例えるならグミの食感に近いでしょうか。

混ぜてから気づきましたが、炒り卵も具材として使われているんです。

これは初めて。





お好みでどうぞと言われた和山椒。

麺喰 原了郭の山椒

原了郭って山椒も扱ってるんですね。

知らんかった~

少し多めに振ってみると、辛さは唐辛子系にかき消されたようですが、風味が加わってなかなか面白いなぁ。





麺を食べ終えると、セットの小ライスを投入。

タレの甘辛さと芝麻醤のコクが麺のときよりもよく分かります。

そして、青ねぎのシャキシャキ感と炒り卵の甘さも。

一方で、天かすの存在感は感じられませんでした。





食べ終えてから、どこかで食べた事があるようなと記憶をたどっていると、21時過ぎの入浴中に思い出すという(笑

そうそう、「廣島蛇みだれ製麺所」に似てるんですね。

あちらも太麺だったですし、ある程度似てくる部分はあるんでしょうね。





何はともあれ、太麺の汁なし担担麺は珍しいので、一度試されてはいかがでしょうか。

ごちそうさまでした!!

(2017.2)



■お店のデータ
麺喰
広島市中区西平塚町8-5
0825450242
11:00~21:00
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






2017年03月24日 (金) | Edit |
-ネット情報はなくとも-





毎年恒例、江田島&倉橋での牡蠣購入。

店で買うよりも安くて旨い牡蠣を求めて、江田島の「山本水産」や音戸の「中野水産」・倉橋の「林水産」などを訪れた事があります。

今回は、音戸町畑のリカーアイランドモアイ(藤岡酒造店経営)への訪問に絡めてでしたので、牡蠣を買うのは音戸町でと決めていました。





そして訪れたのは、『川平かき養殖場』。

2月という本格シーズンなので、どこで買っても旨いと踏み、ネット情報がない牡蠣打ち場をピックアップ。

その中から、現地の佇まいを見てこちらに決めさせていただきました。

結論から言うと、これが大正解!

オレ、見る目あるなぁ(笑

川平かき養殖場 外観

川平かき養殖場 店内

おじちゃんもおばちゃんも皆さん朗らかで、屈託のない方ばかり。

こういうところで育った牡蠣は旨いに間違いないのです。






川平かき養殖場 牡蠣

どーですか!ヒダが黒くてぷりっぷりの牡蠣。

夫婦二人ですが1キロ(2,500円)購入し、3日に渡って食べちゃいました(笑





酢牡蛎は三杯酢で。

軽い牡蠣の旨味が去ったと思ったら、ねっとりして量感のある旨味がドン!と。

これ、旨い!

酢牡蠣





牡蠣のオイル漬け。

初日なのでオイルと馴染んでませんが、味見ということで。

牡蠣のオイル漬け





カキフライは絶対でしょ!

カキフライ

後に見える野菜は人参の葉っぱ。

揚げると癖がなくなって食べやすくなります。





最近、愛用しているスキレットで作ったバターソテー。

牡蠣のバターソテー

牡蠣の風味が消えてしまいまして(苦笑




とっておきの牡蠣料理。

牡蠣エキス


これは牡蠣から出たエキスの塊。

牡蠣の旨味が凝縮していて、お酒が止まりませんぞ(笑





作り方はですね、

中~弱火で牡蠣を乾煎りするとエキスが出てきますので、焦がさないようにじっくりと。

フライパンに張り付くまで水分を飛ばし、剥がして集めたら完成!

これ、牡蠣のオイル漬けを作るときの副産物でして、たまたま一口いただいてみたら旨かったので、メニュー入りしたという(笑

我が家のオイル漬けの下処理は、オイスターソース等の調味料や油は一切使いませんので、牡蠣成分100%のピュアなエキスが楽しめるんですよ。





個人的には、酢牡蛎が一番好きですね。

写真には撮っていませんが、牡蠣鍋も旨かったです。





いい買い物できて、美味しい夕食食べて、幸せだなぁ(笑

次回は来年かな。どこに買いに行こうかな?

ごちそうさまでした!!!

(2017.2)



■お店のデータ
川平かき養殖場
呉市音戸町畑1-3-25
0823560559
営業時間:未確認ですが16時まででは
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。