2017年02月28日 (火) | Edit |
-意表を突いた挨拶-





良いと評判を聞いていた、居酒屋の『ああばん』に行ってきました。

お店の場所は、光町の中でも北のほう。

広島駅の北口からだと歩いて10分近くはかかるでしょうか。

ああばん 外観

ああばん 看板





入口付近の酒瓶。

ほほ~

ああばん 店外のお酒





中に入ると、手前はテーブル席が並んでいて、奥にL型カウンターと厨房を配置。

一人で訪れたので、厨房内が見えそうなカウンター席に座らせていただきました。





お店の切り盛りは男女2名。

声出し・人当たりが良く、このお二人の店なら人気あるだろうなという雰囲気もあり。





ランチメニューです。

ああばん メニュー2

ああばん メニュー

カキフライがあればとラッキーと思いましたが、メニューにはなし。

変わりと言ってはなんですが、温まりそうな大野アサリとつみれの味噌そばを注文。

アフタードリンクが付くとのことで、コーヒー(ホットorアイス)ではなくジュースをお願いしてみました。

食前・食後は、食前で。





出て来た味噌そばのセットは、小鉢・漬物・ご飯付き。

ああばん 味噌そばセット全景





まずは、メインの味噌そばに寄ってみましょう。

ああばん 味噌そば

具材は、アサリ・つみれ・小松菜・きのこ類という布陣。

脂が浮いたスープは、見た感じ奥行きがありそうです。





早速スープをいただいてみると、ピリッと辛い味噌スープでして、アサリの旨味がほんのりと効いています。

コクがあり、単調では無い味わい。

油脂も多くないし、黒胡椒のパンチも丁度良い。

これはなかなか旨いではありませんか。





麺は、ほぐれの悪い細麺。

ああばん 味噌そばの麺

茹で加減はやや柔らかめで提供され、食べているうちにスープとの馴染みが増していきます。

実はこの時点まで、ラーメンなのか蕎麦なのか分からずに食べていましたが、どうやら味噌ラーメンだと分かりましたよ(笑





小鉢。

ああばん 小鉢のぶり


細かく脂が乗った2枚のブリは、醤油が弾かれるほど。

これ、夜の刺し盛りで出ても嬉しいレベルなのに、お昼の小鉢でさらりと出すとは。





ちなみに、ジュースはアサイー。

初めて飲みましたが、ぶどうジュースみたいな感じで旨かったです。





これでお値段は880円。

額面はお高めですが、満足度は高いので全く問題ありません。





あ、そうそう。

入るなり、「いらっしゃいませ~」ではなく「お世話になりま~す」とは、なかなか意表を突く挨拶をされました(笑





久し振りにワクワクするお店でして、夜も間違いなく良いと思います。

舟入の「向日葵」や河原町の「こでまり」クラスのお店なのか否か。

夜の訪問を楽しみにしておきたいと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2017.1)



■お店のデータ
ああばん
広島市東区光町2-5-3
09033736997
11:30~13:30
17:30~23:30
定休日:日・祝
※昼営業は月~金かも


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年02月27日 (月) | Edit |
-こんなに重たいベーグル 初めて-





昨年末に「行ってみては」と教えていただいた『禅ぱん』。

呉からの帰り道にふと思い出し、その足でナビを使って行ってみました。





お店があるのは、安芸郡坂町。

JR坂駅周辺の賑やかなエリアではなく、少し離れた横浜という町に位置します。




島の雰囲気満載な海沿いの道を進み、ひと山越え、一軒家が集まるエリア着くと、ようやくお店の前へ。

禅ぱん 外観

禅ぱん 看板





店内は、大人3人の横並びが精一杯のこぢんまり感。

カウンターの上にはその日販売するベーグルなどが並んでいます。

禅ぱん 店内

訪れたのが14時過ぎだったのであまり残っておらず、その中から3種類ほど購入。





茶色が濃いほうがチョコで、薄いほうが全粒粉。

細長いのはフリュイと言うそうです。

禅ぱん ベーグル全景





まずは全粒粉をいただいてみると、最初に驚くのはその重さ。

持った瞬間のずっしり感は今までにない感覚です。

続いて割ってみると、中はぎっしり。

食べるとガシッともちっとしていて、全粒粉らしい酸味もありますが、噛めばかむほど甘さが出てきます。





チョコはビターなチョコが中に入っていて、全体的にもビター感やや強め。

フリュイは、ドライないちぢくが入ったかちかちパン。

ぐっと歯で押し込みしばらく噛んでみると、ある瞬間にフワッとして、消えてなくなる感じ。

これ、面白いなぁ。

食事と合わせるなら全粒粉が無難だと思いますが、フリュイにアヒージョオイル(この日は砂ずりとクワイのアヒージョ)をつけてみると、いちぢくの酸味と相まって、なかなか面白かったです。





こちらのベーグルには、「ドリアン」や「ベッカライベック」に共通する旨いパンのニュアンスあり。

ちょっと遠いけど、また買いに行きたいと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2017.1)



■お店のデータ
禅ぱん
安芸郡坂町鯛尾2-8-16
09095009896
11:00~17:00
定休日:日・月


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年02月25日 (土) | Edit |
-丁寧な広島お好み焼き-





今回訪れたのは、呉市中心部にあるお好み焼きの『富ちゃん』。

この日の大本命「関白」の不定休に当たってしまい、次の店を探していた時に見つけたお店なんですよ。

実はこの前夜にお好み焼きの番組を見たものですから、お好み焼き気分が盛り上がっていたのも入店した理由の一つ。

さてさて、どんな感じだったんでしょうか。





お店の場所は、れんが通りの一本裏筋。

呉の名店「自由軒」のすぐ近くで営業しています。

富ちゃん 外観





客席は、常時使われているのが鉄板前の5席ほど。

手入れが行き届いたきれいな鉄板ですね。

富ちゃん 鉄板

4人は座れそうな座敷は、お昼は使っていない様子。





お店の切り盛りは、ちゃきちゃきっとした女性がお一人で。

この方が富ちゃんなのかな?





注文したのは、お好み焼きのそば入り730円。

丸く敷いた生地に粗めの魚粉を振り、多めの細切りキャベツを盛ったら塩胡椒します。

富ちゃん 途中

天かす・青ねぎちょろっと・もやし・豚バラと重ねていき、反転。

呉の焼き方ではなく、いわゆる広島の焼き方なんですね。





反転したら形を整えつつ、ヘラでプレスしつつ。

ある程度火が通ったら生地をよけ、出汁のような液体を野菜部分に注します。





そばは袋麺。

焼けたらソースで下味をつけ、合体。





卵を貼り付けたら、お客の前へスライドです。

富ちゃん 完成前

お店の方がソースを塗り、青海苔などで仕上げ。

これ、基町や西白島町の一部の店でも経験したなぁ。

富ちゃん 完成





少しとろっとした卵、ほこほこキャベツ、もちっとした生地。

全体的にウェットな仕上りで、生地のモチモチ感が印象的です。





いわゆる呉の焼き方で食べたかったのが本音ですが、まずまず旨いお好み焼きでしたので、十分気持ちは満たされました。

ごちそうさまでした!!

(2017.1)



■お店のデータ
富ちゃん
呉市本通3-1-8
0823234101
営業時間:未確認
定休日:木曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年02月24日 (金) | Edit |
-滞らない品出しに驚く-





2年振りの『恵莉華』は、新年会と激励会(?)を兼ねた大宴会。

40名くらいでの貸切営業でしたが、料理とドリンクの提供がほとんど滞らず、この辺りはホテル勤務を経験されている強みなんでしょうか。

そんなこんなも含めて、素晴らしい宴会でした。

幹事さん、ありがとうございました!





スタート前に配膳された3品。

絶品のよだれ鶏。

恵莉華 よだれ鶏

ラー油や黒酢などのバランスが良いですね。そして、いつ食べても旨い。





軽く酢を利かせたくらげの和え物。

うんうん、これも旨い。

恵莉華 くらげ





これは麺を使った炒め物でしたっけ?

恵莉華 麺の炒め物





続いては点心2品。

恵莉華 海老焼売

恵莉華 焼売

何も付けなくても旨いし、酢醤油でも旨い。

そして、海老のプリップリ加減が良いですね。





餃子。

恵莉華 餃子

もちっとかりっとした皮が旨い!





台湾菜(と言われたと思う)の炒め物。

恵莉華 台湾菜

はなっこりーみたいな野菜は下茹で済みなのかな?

それをガーリックと醤油などで炒めたもの。

旨い旨い。





エビチリ旨し!

恵莉華 エビチリ





麻婆豆腐は唐辛子も山椒も強いのが好みですが、今のままでも十分旨いですねぇ。

恵莉華 麻婆豆腐





最後は鍋物。

恵莉華 鍋全景

そのまま食べる。

専用のタレをかける。

恵莉華 鍋のタレ

ラー油をかける。

タレとラー油をまぜる。

色々な食べ方が楽しいお鍋でした。





今回で5回目ですけど、いつも定番の料理なので、次回は予算だけお伝えして特別コースをお願いしております。

さてさて、どんな感じになるんでしょうか。

恵莉華6のリリースをお待ちください。

ごちそうさまでした!!!

(2017.1)



■恵莉華の訪問記
恵莉華(2013.12)
恵莉華2(2014.1)
恵莉華3(2014.5)
恵莉華4(2015.1)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








2017年02月23日 (木) | Edit |
-風味たっぷり-





前回食べた狂辛魚介麺が旨かったので、ノーマルのラーメンを食べようと思い訪問してみました。

この日選んだのは、二代目ラーメンのハーフチャーハンセット。

二代目は、サンマペーストを効かせた魚介系が強い醤油ラーメンとのこと。

さてさて、どんな感じだったんでしょうか。





もんごい 二代目ラーメン

薄く油膜が張った茶濁スープで、何やら浮遊物が確認できます。

具材は白ねぎ・青ねぎ・海苔。

ネギの下には、チャーシューとメンマが隠れていました。





早速スープをいただいてみると、魚のアラの出汁がしっかりと感じられ、貝の風味もあるような。

サンマはあまり感じられません。





この日のスープは味の輪郭がしっかりしていて、旨味も十分。

今までに何度か食べた中では、この日が一番旨いと思いました。

麺のコンディションもよく、やや硬めで最後まで旨し。





チャーハン。

もんごい チャーハン

適度にパラパラで、こちらも旨い。





全体的に塩が強く、食後の喉の渇きは強めですが、また食べたいと思わせてくれる惹きの強さがありました。

これだと、過去に食べてピンとこなかった塩ラーメンを再度食べてみなくては。

でも味噌も食べてみたかったりして(笑

券売機の前で悩むことがないよう、予め決めて訪れたいと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2017.1)



■二代目もんごい広島駅前店の訪問記
二代目もんごい広島駅前店(2010.4)
二代目もんごい広島駅前店2(2010.7)
二代目もんごい広島駅前店3(2010.11)
二代目もんごい広島駅前店4(2011.6)
二代目もんごい広島駅前店5(2011.11)
二代目もんごい広島駅前店6(2016.9)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。