2017年01月24日 (火) | Edit |
-魚介を豪快に食べつくす 鮟鱇パーリー-



聞くところによると、肉やら魚やらを食べつくす会合が、己斐の『三津村』で何回か行われていたそうでして。

その存在を詳しくは知らなかったんですが、友人に誘ってもらい、参加することになりました。

やったー!





さて、会場となった『三津村』は、広電西広島駅に隣接という超駅前立地。

電車が来たと同時に店を出ても間に合うという場所で長年営業されています。

三津村 外観





酒は持ち込み。

豪快に調理された魚介などを、豪快に食らう。

実に楽しい会でした。





唐揚げや魚の照り焼きなど。

三津村 揚げ物

メインが出てくるまでのつなぎ的役割ですが、唐揚げが何気に旨いという(笑





鯛や鰤の刺し盛り。

三津村 鯛などの刺し盛り

尾頭付きの刺し盛りなんて久し振り!

魚種不明のがありましたが、ひょっとして黄金のアイナメだったのかなぁ。。。





毛蟹!

三津村 毛ガニ2

写真撮影後、一旦下げられて、食べやすく捌いて再登場。

三津村 毛ガニ





はい、盛り上がっております(笑

三津村 盛り上がってます





鮟鱇の胃袋をポン酢で。

三津村 鮟鱇胃袋

コリュッとしてて、僕は好きだなぁ。

見た目レアっぽいけど、ボイルされているんだと思います。





合鴨旨い!

三津村 合鴨

少し甘めのつけ焼きを、山椒と共に。





ちくわと厚揚げ等の煮物。

三津村 煮物

えっと、これ食べたっけ(笑





ん、何だこれ(笑

三津村 何これ?





待望の鮟鱇鍋!

スープは、出汁と味噌とあん肝でしょうか~

三津村 鮟鱇鍋スープ

三津村 鮟鱇鍋 具材

鮟鱇の身がプリップリで、まるで肉のよう。

もちろん、旨かったですぞ。

これ以外にも山盛りの野菜があり、食べ終えたら雑炊もあり。





〆の吸い物は、鯛。

三津村 締めのお吸い物

これ、抜群に旨かった!





持ち込み酒の数々。

奈良の大倉本家と広島の瑞冠。

どっちも濁り。

三津村 大倉本家 瑞冠





鳥取の鷹勇。

その後にあるのは、大分の神々(じんじん)。

三津村 鷹勇





繁枡の純米大吟醸。

これ旨かった!

三津村 繁桝





北海道の千歳鶴、福岡の亀の尾。

鶴と亀で縁起がよろしい。

三津村 亀の尾 千歳鶴





広島の賀茂泉。

隣の波の花はハワイで醸造された芋焼酎です。

三津村 賀茂泉

※波の花っていうから、宇部の床波のお酒かと思っちゃいました。





酒の奪い合い(笑

三津村 お酒の奪い合い2

三津村 お酒の奪い合い





写っていない日本酒もあり、スパークリングや白ワインもあり。

それにしても、みんなよく飲むなぁ。





この会で食べた『三津村』の料理は、豪快という印象。

1階のカウンターだと、印象が変わるのかな?

一度、ゆっくり飲みに来なきゃですね!

ごちそうさまでした!!!!

(2016.12)



■お店のデータ
三津村
広島市西区己斐本町1-24-1
0822724420
18:00~23:00
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









2017年01月23日 (月) | Edit |
-古い長屋群の一角にある 懐かしい味のお好み焼き-



「エキニシ」と言えば、今では押しも押されるグルメスポット。

しかし以前は、古びた3階建ての長屋が連なるだけのエリアだったんです。

広島駅裏の若草町には、その頃の面影が感じられる長屋群がありまして。





周囲には築年数浅めの分譲マンションやキレイな学生寮、新しい内科などが建っていて、その一角だけ時代に取り残されたかのよう。

ちかちゃん 付近

ちかちゃん 付近2

そんな長屋群の一角に、今回訪れた『ちかちゃん』はあります。

ちかちゃん 外観





店内には、くの字型に鉄板が置かれていて、火を点けているのは一辺のみ。

もう一辺はカウンターとして使われています。

ちかちゃん 店内

お店の切り盛りは、気の良いおばちゃんがお一人で。





メニューです。

ちかちゃん メニュー

いつも肉玉そばしか頼まないので、メニューをしっかり見るのは記事を書くとき。

そんなことしていると、今回のように「あさり」入りの存在に後から気付き、軽く後悔してしまうんですよねぇ(苦笑





さて焼き方ですが、まずは生地を敷き、魚粉を掛け、ソースで下味を付けたそばを乗せます。

太く切ったキャベツや多めのもやしなどを乗せ、反転。

しばらく重石をして火を通します。

ちかちゃん お好み焼き 途中





重石を外したら、ヘラで何度もプレス。

卵を貼り付け、ソースやガーリックパウダー、青ねぎ等で完成です。

ちかちゃん お好み焼き 完成





見た目は平たく、食べてみると魚粉やガーリックパウダーが効いていて、何だか懐かしい味わい。

そして、妙にしっくりと来る旨さ。

子供の頃に食べていたお好み焼きに近いってことなのかなぁ。





しかし、あさり入りは気になりますねぇ。

次回食べてみましょうかね。

ごちそうさまでした!!

(2016.12)



■お店のデータ
ちかちゃん
広島市東区若草町5-22
0822636506
営業時間・定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








2017年01月21日 (土) | Edit |
-厚切りのタンよりも魅力的な定食-



たまには肉を食べてもらおうと思い、親を連れて「せせらぎ」へ。

みんなが極み5種盛りとご飯を頼む中、僕はでんがくうどん定食を注文してしまいました。

親がいるので少々高い肉食べても良いのに、抗えない定食の魅力。

だって、安くてボリュームがあるんですもの(笑

せせらぎ でんがくうどん定食

内容は、でんがくうどん・漬物・ポテラサ・白ご飯。

これで700円なんですよ。





まずはうどんに寄ってみましょう。

せせらぎ でんがくうどんアップ

ピリ辛が効いていそうな赤いスープに、具材がたくさん盛られています。

主役であるセンマイやミノのスライスに加えて、かまぼこやたけのこ・玉ねぎ・青ねぎ・エノキ等がもりっと。

ミノなどの香りが強め。ごま油が効いているのは前回食べたテールクッパと同じです。

そして、何気に柚子が効いてたりして。

うどんよりも具材のほうが多くて嬉しいんですが、味に変化がないので、最後のほうは飽き気味になってしまいました。





面白かったのは、人参の漬物。

コリッとした食感に、酒粕とキムチに漬けた様な風味があって、これは初めての体験でした。





次回こそは、肉を焼いて食べようと思っているんですけど、定食の魅力に抗えるでしょうか。。。

ホルモンキムチ焼きうどんが旨そうなんですよねぇ(苦笑

ごちそうさまでした!!!

(2016.12)



■せせらぎの訪問記
せせらぎ(2016.8)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








2017年01月20日 (金) | Edit |
-抜群の安定感-





今回訪れたのは、東区光町にある中国料理店『光蘭』。

光蘭の外観

光町の北西部にあるお店で、東方2001や新しくなったJR広島病院が近くにあります。





中に入ってみると、ほぼ正方形のスペースに薄い朱色のテーブルが6卓、座敷には3卓用意されていて、収容人数は30名くらいでしょうか。

光蘭の店内

ホールを取り仕切るのは一人の男性。

厨房はもう少し年上の男女が二名で。



店頭に置かれたメニューです。

光蘭のメニュー

これ以外にも定食や丼物があり、特に丼物の盛りが良いように感じました。





注文したのは、ラーメンセット。

光蘭のラーメン

出てきたラーメンは、やや透明なスープにもやし・メンマ・青ねぎ・チャーシューが具材として使われています。

麺は黄色く、加水高めの物を柔らかめで。

スープも麺もソフトな口当たりでして、街場の中華料理屋さんで出てくる、ある意味正統派のラーメンだと思います。

※但し、食後は喉が乾きますが(苦笑





半チャーハン。

光蘭の半チャーハン

こちらも味付けはそこまで強くなく、ご飯は少しパラパラ寄り。

どちらもハズレがなく、半端ない安定感が良いですね。

ランチタイムは禁煙というのも、僕には嬉しいポイント。





こういう安定感のあるお店って、何を食べるか困ったときに、とても強い味方になると思います。

ごちそうさまでした!!

(2016.12)



■お店のデータ
光蘭
広島市東区光町2-6-1
0822615957
11:00~14:00
17:00~21:00
定休日:日曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








2017年01月19日 (木) | Edit |
-ワンコイン部門トップクラスのお好み焼き-



大内越通りの一本裏筋。

鮮やかな紺色の暖簾が目を引く、お好み焼きの『愛』に行ってきました。

愛の外観

※駐車場は店の前に1~2台。





中に入るとすぐに鉄板があって、その周りを囲むように丸イスが7つほど。

奥には8人は座れそうな座敷があります。

お店の切り盛りは、朗らかな女性がお一人で。





お好み焼き以外には、鉄板焼きや一品物が用意されていて、それらをアテにお昼からお酒を飲んでいるご常連も数名。

うらやましいなぁ(笑





注文したのは、そば肉玉。

お値段はサイフに嬉しいワンコインです。





丸く敷いた生地に魚粉を掛け、キャベツ・青ねぎ・多めの天かす・もやしと積み上げます。

もう一度魚粉を掛け、豚バラ3枚を乗せたら反転。

愛のお好み焼き途中

しばらく放置したら、ヘラで何度もプレスを掛けていきます。





そばは袋麺。

鉄板にそばを出したらラードの塊を乗せ、出汁をしっかり掛けて、片面を焼きに入ります。

そばと本体を合体させてからも、しばらく放置。

卵を貼り付け、ソース・白ごま・青海苔を施したら完成です。





愛のお好み焼き

見た目平たく、そばの焼き色が良い感じ。

卵は割り広げていないので、中央のみ張り付いていて、周辺部はそばが露出しています。





早速いただいてみると、そばと肉が香ばしくカリカリでなかなかの旨さ。

卵はトロッとしたところが残っていて、ヘラでカットした際に黄身がとろりんと鉄板に落ちる様子が、食欲をそそります。

総じて味付けはしっかり目で、ビールとの相性は間違いないだろうなぁ。

そして、このお好み焼きが500円で食べられるなんて、実に素晴らしいではありませんか。





おもむろに出されたブドウ。

愛のデザートのぶどう

皮が薄くパツパツでして、程よい甘さと冷たさが口の中を冷やしてくれます。





先日ご紹介した「チェリー」とは違う路線で旨いお好み焼き。

コストパフォーマンスの観点からもおススメです。

ごちそうさまでした!!!

(2016.12)



■お店のデータ

広島市東区若草町3-12
0822622112
営業時間:未確認
定休日:木曜日・第3日曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。